ボーンマスはデフォーに出席する許可を出した

写真拡大

ブラッドリー・ロウリー君は6歳にして小児がんのため命を引き取った。そして、今回ジャーメイン・デフォーが所属するボーンマスは、この熱狂的なサンダーランドファンであり、デフォーの友人でもあったロウリー君の葬儀に出席する許可を出している。

【関連記事:小さな英雄 ユニで最後の別れ】

ボーンマスは、SNSを通してデフォーがマルベーリャで行っている合宿を離れ、14日金曜日に行われるロウリー君の葬儀に出席すると発表している。

ロウリー君は7月7日に亡くなり、小児がんの犠牲者となっている。彼はデフォーと深い友人関係にあり、病を知るデフォーは度々彼を訪れたり、サンダーランドの試合の際には一緒に入場するなどしており、そのイメージは世界中に広まっていた。

デフォーは今夏ボーンマスに移籍したが、最後の別れとなるロウリー君の葬儀に出席するため、特別な許可をチームから出されている。そのため、15日土曜日に行われるエストリル戦には欠場する。