メキシコ移籍は「圭佑らしい」…長友が本田にエール「経験を還元して」

写真拡大

 インテルに所属する日本代表DF長友佑都が14日にツイッターを更新。同日にメキシコのパチューカ移籍が発表された同FW本田圭佑にエールを贈った。

 昨シーズン限りでミランを退団した本田。複数の移籍先候補が報じられて去就に注目が集まる中、新天地に選んだのはメキシコだった。今年12月にアラブ首長国連邦(UAE)で開催されるFIFAクラブワールドカップ 2017への出場も決まっている名門で、新たなスタートを切ることとなる。

 長友は「圭佑らしい決断したね」とパチューカ移籍についてつづり、「見知らぬ土地と環境で勝負するのは、想像以上に大変だろうけど、頑張ってほしい。メキシコで得る経験を日本サッカーに還元してもらいたい」と続けてエールを贈っていた。

https://twitter.com/YutoNagatomo5/status/885831229920116737

 長友自身も今夏の移籍市場における去就の決断に注目が集まっているが、まずは新たなチャレンジに乗り出した本田へエールを贈ることとなった。