Image: Oculus


安いスタンドアロン型も作るよ!

Riftとコントローラーのセットが5万円で販売されるなど、最近ぐっとハードルが下がった印象のあるOculusのVRヘッドセット。さらにBloombergによれば、同社は200ドル(約2万3000円)の新型スタンドアロンVRヘッドセット「Pacific」を開発しているというのです。2017年末に発表され2018年には発売されると報じられるPacificとは、一体何者なんでしょう?

Oculusの親会社であるFacebookの担当者は、米Gizmodoに対し「現時点で公開できるものはないが、たしかに我々はスタンドアロンVR製品としていくつかの重要技術の開発を行なっている」と語っています。「これは、Oculus Riftのようなハイエンド製品と、Gear VRのようなスマートフォンを利用する製品とは別にくわわるプロダクトとなるのです」とのこと。スタンドアロン型といっても、スマホをはめ込むタイプのVRゴーグルじゃなくて安心しました。

現状VRデバイスというと、ハイスペックなPCと接続して体験するVRヘッドマウントディスプレイ(OculusやViveなど)と、スマホをはめ込んで体験するVRゴーグル(Google Cardboardなど)に二分されます。そこでOculusは、この間にあたるVRデバイスを作ろうとしているんです。またPacificは、PCなどとの接続が不要だそうで、ヘッドセット本体で演算を行なうデバイスになりそうです。つまり高性能かつ高価なRiftの後継機種というよりは、スタンドアロンの廉価版といった立ち位置になるのでしょうか?

Pacificの本体デザインや機能はまだ決定されていないものの、その外観はコンパクトなOculus Riftといった感じになり、さらにGear VRよりも軽量なんだそうです。またユーザー操作を受け付けるリモコンも付属します。ただしポジショントラッキング機能は搭載されず。つまり、空間での自分の位置は把握できないことになります。

できることは没入型のゲームや動画再生など、既存のものとはあまり変わらないものの、Facebookの「VRソーシャルネットワーク機能」が利用できるとのこと。

また以前から報じられていたように、OculusはワイヤレスバージョンのOculus Riftも開発しています。コードネームは「Santa Cruz」といわれており、こちらはパソコンとワイヤレス接続するスタンドアロン型となっております。高品質な映像が楽しめるSanta Cruzと、手軽な価格で楽しめるPacificは兄弟的なラインナップになるのかな?

・Googleの新Daydream VRヘッドセットはケーブルも外部カメラも不要!HTCとLenovoから年内発売

Image: Oculus
Source: Bloomberg

Alejandro Alba - Gizmodo US[原文]
(塚本直樹)