画像提供:マイナビニュース

写真拡大

デルは14日、HDR10に対応する27型4K液晶ディスプレイ「UP2718Q」を発表した。7月14日に発売する。価格は158,800円(税別)。

HDR10に対応する27型液晶ディスプレイ。解像度は3,840×2,160ドットで、現在の標準SDRディスプレイの3倍以上の明るさとなるピーク輝度1,000ニットを達成。この効果により黒の暗さと白の明るさが際立ち、印象的で実物に近いビジュアルを表示できる。

色域は「Dell PremierColor」により、AdobeRGB(100%)、sRGB(100%)、Rec.709(100%)、DCI-P3(97.7%)、Rec2020(76.9%)などに対応。コントラスト比も最大20,000:1と高く、384のローカルディミング・ゾーンにより、明るいところでも暗いところでも映像のディテールをしっかりと表示する。

このほかの主な仕様は、視野角が垂直 / 水平ともに178度、輝度が400cd/平方メートル、コントラスト比が1,000:1(HDR時20,000:1)、応答速度が6ms(GTG)。映像入力インタフェースはHDMI 2.0×2、DisplayPort×1、miniDisplayPort×1。USB 3.0のアップストリーム×2基、ダウンストリーム4基も備える(内2基はUSB 3.0 BC1.2充電用ポート)。

表示機能としてピクチャーインピクチャー機能とピクチャバイピクチャ機能も装備。スタンドのチルト角度は-5度〜21度、スイーベルは-45度〜45度、145mmの高さ調節とピボットも可能。VESAマウント100mmに対応する。本体サイズはW626.4×D200.3×H402.6〜547.1mm、重量は約8.4kg(スタンド装着時)。