”ローカルなこと”を教えてあげて!外国人男性とお近づきになるキッカケの作り方3選

写真拡大

【相談者:25歳女性】
私が今働いている飲食店に外国人男性がよくご飯を食べに来てくれます。
日本語も話せる人です。少ししか話したことはありませんが、顔もタイプで気になっています。

彼と仲良くなりたいしできればデートもしたいのですが、どうしたら仲良くなれるでしょうか?
何と話しかけて良いかすら分からないのでアドバイスをお願いします!

●外国人という事を意識し過ぎてもNG

はじめまして。
国際結婚アドバイザーのCocoです。

気になる彼への近づき方、悩みますよね。
相手が好きな男性となると、余計に緊張して話しかけられない人も多いと思います。

日本人同士であれば、何かちょっとした世間話から話を膨らますこともできますが、外国人となると、一体どんな話題を持ちかけて良いのか余計に難しく考えてしまいますよね。
しかしいくら外国人であっても同じ人間です。
優しくされれば嬉しいですし、明るく元気に話しかければ感じの良い子だなという印象は持ってもらえるので、難しく考えすぎる必要はありません。

今回は経験談をご紹介させていただきますので、どんなきっかけを作れば良いかの参考にしてみてくださいね。

●(1)飲食店やスーパーなどのローカル情報は喜ばれる!

『私は無知すぎて、彼と初めて出会った時は、普通に日本人と話をする感じで話をしました。どこの国から来たの? とか、よく外国人に聞くようなことは聞かずに、美味しいお店の話とか安いスーパーの話で盛り上がりました。でも、彼もそういうローカルな情報が知れて良かったと喜んでくれました』(2歳/広告)

「どこの国出身なの?」「なぜ日本に住んでいるの?」というベタな質問は、きっと日本に住む外国人ならよく聞かれることで、聞かれる事に飽き飽きしている可能性 もあります。
それよりも安いスーパーや美味しいお店の情報は、相手も得られて嬉しい情報なので話も盛り上がる可能性が高いです。

●(2)地域のイベントに誘って、共通の友達作り

『外国人は、同じ町に住んでいても地域の情報を知らないこともよくあります。地域のお祭やイベントなどは声を掛けてあげると喜ばれますし、共通の友人ができて後々一緒に遊びに行ったりすることもできます。私も地域のバザーに声を掛けてから仲良くなって付き合い始めました』(26歳/看護師)

バザーやお祭は外国人が参加しても楽しいイベントのはずです。
地域のイベントならより誘いやすいですので、最初のお誘いには良いですね。
また近所に共通の友人ができればグループで遊びに行ったりもできるので、より仲を深められるチャンスになる かもしれません。

●(3)困った時の救世主を名乗り出る!

『日本で車を持っていない外国人は多い気がします。私は、重たい物を買いたい時や電車ではアクセスしにくい所へ行きたい時は、よかったら車出すから連絡してね! と言って連絡先を教えました。すると、家具を買いに行きたいから連れて行って欲しいと電話があり、それから彼ととても仲良くなれました。車だけでなく、困ったことがあったら何でも言ってね! と声を掛けてあげるだけでも喜ばれると思います』(31歳/ライター)

海外での暮らしは何かと不安や不便なことも多いものです。
そんな時に優しく、困った時は電話してね!と電話番号を渡してもらえたら嬉しいですよね。
海外では車を運転しないという外国人も多いと思うので、車が必要な時は言ってね!と声をかけてもらえるのもとても嬉しいはずです。

----------

よくありがちなのは「英語を教えて欲しい」とか「相手の国のことを聞くこと」ですが、まずは日本にいる外国人なのですから相手が聞いて嬉しい話をしてあげる ことが一番喜ばれそう。

また外国人には年齢を聞いたり宗教を聞いたりするのは、あまり仲良くないうちはタブーな場合がありますので、気軽に聞かないように気を付けましょう。

●ライター/Coco(国際結婚アドバイザー)