自撮りに気を取られる余り、周りが見えなくなってしまうことは珍しくありません。しかし、セルフィーに夢中になった結果、20万ドル(約2,260万円)の被害を引き起こしてしまう場合もあるとしたらどうでしょうか。ロサンゼルスの美術品展示会で、自撮りが「美術品のドミノ倒し」を引き起こすという出来事が発生しました。

次々と高額な美術品が……

動画を見れば、何が起こったか一目瞭然でしょう。右上の女性がしゃがんで自撮りをしようとしたところ、バランスを崩して肘が展示台に当たってしまい、次々と陳列台がドミノ倒しになっていく光景が、防犯カメラによって一部始終記録されています。
 

 
被害にあったミュージアムによると、展示品のうち3つは「永久的な損傷を受けた」とのことで、被害総額は20万ドル(約2,260万円)に及ぶとみられています。

セルフィーによる事故は意外と多い

セルフィーが取り返しのつかない事態を引き起こしてしまう、というニュースは定期的にネットを駆け巡ります。
 
2016年の時点で、セルフィーによって死亡した事故が2年間で127件も報告されているほか、2015年にはインドのタージマハルで日本人観光客が自撮り中に階段から落下して死亡するという事件が起きています。
 
 
Source:Mashable
(kihachi)