菅田将暉(C)モデルプレス

写真拡大

【菅田将暉・山田孝之/モデルプレス=7月14日】俳優の菅田将暉が14日、都内で行われた人気漫画を実写化した映画「銀魂」(小栗旬主演)の初日舞台あいさつに登場。

【さらに写真を見る】「銀魂」が話題すぎる

◆菅田将暉、山田イズム?


キャストの菅田はこの日、スタッフが着用する“スタッフパス”を首にぶら下げていた。

舞台挨拶で“不思議な何かを身につける”スタイルは、かつて山田孝之が2015年10月に登場した映画「バクマン。」や、2016年1月に行われた映画「信長協奏曲」の舞台挨拶などで行ってきた。

スタッフパス着用についてはキャストやMCから触れられることはなく、菅田が身につけていた意図は終始不明だった。

◆山田孝之と仲良し過ぎる菅田将暉


先日は自身のラジオ番組ニッポン放送「菅田将暉のオールナイトニッポン」のゲストに山田を迎え入れた菅田。自身のペースをかき乱されながらの進行だったが、やはり仲良しぶりは健在。

菅田は、山田がこの日、エリザベスの声を劇中で内緒で務めていたこともあり、サプライズで着ぐるみに入って登場したため、“山田エリザベス”の中に探りを入れるなど興味津々だった。

◆小栗旬のレコーディングを振り返る菅田将暉


また、この日は菅田に向け銀魂の撮影について質問が行われ、エピソードを披露。

劇中のオープニングとエンディングで小栗が歌唱しており、同じ日にアフレコを行ったという菅田は小栗のレコーディングについて「当初は歌うとか無かった」とし「(小栗が)見たこともないくらいゲラゲラ嬉しそうだったから、いいのが撮れたんだろうなと思ったら歌だった」と驚きを示していた。(modelpress編集部)

■映画『銀魂』(2017年7月14日公開)


脚本/監督:福田雄一
出演:小栗旬 菅田将暉 橋本環奈 柳楽優弥 新井浩文 吉沢亮 早見あかり ムロツヨシ 長澤まさみ 岡田将生 佐藤二朗 菜々緒 安田顕 中村勘九郎 堂本剛
原作:「銀魂」空知英秋(集英社「週刊少年ジャンプ」連載)

【ストーリー】
銀髪天然パーマのぐうたら侍、でも仲間を護るためにはキリッと光る“万事屋銀ちゃん”こと坂田銀時とその周りで起こる大騒動。そして、不可解に絡み合う謎の事件…。幕末の江戸、鎖国を解放したのは黒船――ではなく、エイリアンと宇宙船だった!今や地球人と宇宙からやってきた天人(あまんと)が共に暮らす、将軍おひざ元の江戸・かぶき町。ここで、なんでも屋「万事屋(よろずや)」を営む銀時は、従業員の新八や居候の怪力美少女・神楽といつものようにダラダラした午後を過ごしていた。だが、ぼんやり見ていたTV番組のニュースで、カブトムシ狩りで一攫千金できると知り…、てんやわんやの大騒動で幕が開く!ある日、万事屋に仕事依頼が舞い込む。江戸で暗躍する攘夷志士の桂が謎の辻斬りの凶刃に倒れ行方不明になったというのだ。その影にうごめくのは、「人斬り似蔵」の異名を持つ浪人・岡田似蔵。そしてかつて銀時と共に攘夷志士として救国のため戦った高杉晋助。捕らわれた仲間を救出するため、この世界を護るため――満身創痍の銀時はひとり、走り出す。江戸の空に浮かぶ戦艦で、一世一代の大バトルが始まろうとしていた――!

【Not Sponsored 記事】