今夏にシャルケに加入したパブロ・インスアは、名前こそあげなかったが、「ブンデスにはたくさんのいいFWがいる」と述べ、さっそく対戦を心待ちにしていた。

ただその一方で23歳のスペイン人CBは、これまでにメッシやロナウドなど、スター選手たちの力をまざまざと見せつけられる経験もしており、「止めるのはむずかしかったよ」とコメント。

2012年のアトレチコ戦ではファルカオらの前に0-5で破れ、昨季はバルセロナ戦で、メッシに2得点1アシスト、スアレスやネイマールにも1得点1アシストずつを許して0-5で敗戦。さらにレアル戦でもベイルの2ゴールし沈み0-3で破れている。

そのいずれの試合でもインスアはプレーし目の当たりにしてきたのだが、同選手はシャルケでも引き続き定位置の確保へと燃えている。「できるだけ多くプレーしたいね」

そう話すインスアは、もしもテデスコ監督が4バックを採用するなら両方のCBで、3バックならば「真ん中が好き」ではあるが「両サイドのCBでもプレーは可能」と語るように、自身がもつフレキシブルさを武器に定位置争いを演じていくことになるだろう。