『クリミナル・マインド』

写真拡大

大人気の犯罪捜査ドラマ『クリミナル・マインド FBI行動分析課』でショーランナーを務めるエリカ・メッサーが、同番組を製作している 米ABCスタジオと新たに2年の契約を結んだことが発表された。米Varietyが報じている。

メッサーは同局のオリジナルシリーズ製作に力を入れていくために、米ABCの親会社にあたるディズニーに"エリカ・メッサープロダクション"を立上げた。開発部門の代表にはメッサーと20年来の友人であるプロデューサーのデボラ・シンコッタが就任。現在は、2018年から2019年にかけてのドラマ企画に積極的に取り組んでいるという。

2005年のシリーズスタート当初より『クリミナル・マインド』の脚本を手がけてきたメッサーは、2010年にショーランナーとなり、人気シリーズを支え続けている。ABCスタジオのパトリック・モーラン社長は、「エリカは私たちにとって特別なショーランナーです。"エリカ・メッサープロダクション"が今後どんなものを見せてくれるのか、とても楽しみです」とコメントした。

今日までの13年間、『クリミナル・マインド』に携わっているエリカだが、2003年と2004年には大ヒット青春ドラマ『The OC』にストーリー・エディターとして参加。2004年と2005年にはセクシーな魔女姉妹が活躍する人気番組『チャームド 〜魔女3姉妹』では製作を務めていた。今回、新たな契約を結んだことにより、『クリミナル・マインド』も継続していくことが期待できるだろう。(海外ドラマNAVI)