ずっと憧れの存在で片思いをしていた人が、自分を好きになってくれるなんてまさに奇跡! 自分のことなんて全く興味がないと思っていたのに、いつの間にか両思いになっていて恋が実っちゃった! という経験をお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか? それはとってもうれしいことですが、なぜ自分を好きになってくれたのか、そのきっかけが知りたいですよね?
そこで今回は、片思いから両思いになったきっかけエピソードを集めてみました!

片思いから両思いになったきっかけって?

告白されて意識するようになった

・ 「存在も知らなかった子だけど、告白されてから気になり始めて、俺のほうが目で追うようになってしまった」(28歳/会社員/男性)

・ 「告白してフラれてからが勝負! それから積極的に話しかけたり、普段から相手の視界に入るように意識していたら、今度は向こうから告白してくれました」(27歳/美容師/女性)

▽ 告白されてから相手を好きになることってありますよね! 自分を好きでいてくれる人がいるのってそれだけでうれしいですし、元気の源になるので、それがきっかけで両思いになれるのかもしれません。

笑顔がかわいくて好きになった

・ 「ふとした瞬間に笑った彼女の顔が見えて、それだけで好きになりました」(26歳/福祉職員/男性)

・ 「好きな人の前ではなるべく笑うようにしています。一緒にいて楽しいってことをアピールするんです!」(27歳/保育士/女性)

▽ 常に笑顔の女性は魅力的に見えるんですね。笑顔はほんの一瞬で男性を落とすことがあるので、侮れません!

偶然会うことが多い

・ 「コンビニや駅で、約束しているわけじゃないのに偶然会うことが多いと、運命を感じちゃいます。引き合わせられてるのかな、って思ったら好きになる。単純ですかね(笑)」(29歳/SE関係/男性)

▽ なんでいるの!? と思うようなところでバッタリ会うことがあると、確かに運命を感じちゃうかも……! 性格や顔ではなく、偶然会うことで好きになるなんてロマンチックですよね。

意外な一面を見てドキッとした

・ 「強気な女性が泣いていたり、元気な子が真剣な顔してたり、ギャップで好きになることは多いですね」(25歳/フリーター/男性)

・ 「彼女のことは全く知らなくて、見た目がすごくチャラそうだったんですけど、話してみたら、実はすごく真面目で意外でした。そんな一面を見たらもっといろいろ知りたくなっちゃって、でもそう思った時にはすでに好きだったんだと思います」(28歳/飲食業/男性)

▽ ギャップで好きなることは多いですよね。自分しか知らない部分が見えると普段のことを知りたくなりますし、気になる相手にはギャップを見せるといいのかも……?

まとめ

“気づいたら好きになっていた”というのがほとんどですね。片思いの相手にアプローチするために視界に入ったり笑顔を増やしたり、そんな行動が2人を結ぶきっかけになっているなんてステキです! 何の努力もせず好きになってもらうのは難しいので、好きになってもらえるきっかけ作りをしてみるといいですね!