トヨタ自動車は、インターネット上で子どもたちに「未来のモノづくり」を体験させることができるアプリ「Mobilmo(モビルモ)」(無料/課金なし)の配信を7月14日より開始しました。

モビルモは、3Dパーツをつなげた移動体「モビルモ」を発明し、バーチャルの惑星を探索することができるスマホ・タブレット向けアプリ。パーツを組み合わせて自分だけのモビルモを形成したり、プログラミングによってモビルモに動きを覚えさせたりできるほか、惑星を探索して出会った他のユーザーのモビルモと機能をコピーし合ってリメイクを行うことも可能。自分で作ったモビルモでミニゲームに挑戦したり、たくさんのモビルモに出会って経験値をゲットしてランクを上げたりといった遊び方も楽しめます。

↑アプリ画面のイメージ

 

↑惑星を探索してほかのユーザーと出会うことも

 

↑自分の作成した機体でミニゲームが遊べます

 

開発パートナーとして、デジタル社会の様々な分野のスペシャリストから構成されているウルトラテクノロジスト集団「チームラボ」が参加。デザイン性の高い、クリエイティビティに溢れた内容になっています。

 

トヨタでは、2004年より子どもたちに「紙とペン」で夢を表現する楽しさを知ってもらう「トヨタ夢のクルマアートコンテスト」を開催。これに加え、幼少のころからデジタルやネット環境に慣れ親しんだ「デジタルネイティブ」と呼ばれる世代の子どもたちに向け、創造力を発揮できる場を提供することを目的に同アプリを開発。Move:「動かす!」、Build:「自由自在に作る!」、More:「もっと出会う!」という要素を楽しみながら、新しい表現やコミュニケーションの方法を駆使したデジタルならではの付加価値を生かし、創造する楽しさを提供していきます。

 

100種類以上ある3Dパーツを指先ひとつでつなげて作る新感覚なものづくり。カッコよくしたり、かわいくしたり、ヘンテコなカタチを作ってみたりと、自分だけの新型移動体「モビルモ」を作り出し、バーチャルな「巨大惑星」を探索しながら世界中の仲間とつながってみてはいかがでしょうか。