労組事務所で行われた投票の開票=14日、蔚山(聯合ニュース)

写真拡大

【ソウル聯合ニュース】韓国の現代自動車の労働組合は14日、ストライキを実施するかどうかを決める組合員投票を行い、65.9%の賛成でストの実施を決めた。 

 労組は中央労働委員会による10日間の調停期間が終わる18日から合法的にストを実施できる。
 ストに踏み切れば、6年連続で実施することになる。
 労組は賃上げや純利益の30%の成果給支給などを求めていた。
 同社関係者は「海外市場で販売が急減し経営状況が厳しい時期にストを決めたのは極めて遺憾」として、「ストが発生しないよう、労組の慎重な判断を期待する」と述べた。
kimchiboxs@yna.co.kr