『プラネタリウム』ナタリー・ポートマン&レベッカ・ズロトヴスキ監督来日決定

写真拡大

 9月23日公開映画『プラネタリウム』で主演を務めるナタリー・ポートマンと監督のレベッカ・ズロトヴスキの来日が決定。2人が登壇するジャパンプレミアが開催される。

参考:『メアリと魔女の花』が初登場2位 その結果は及第点? 物足りない?

 『プラネタリウム』は、ポートマンが、ジョニー・デップとヴァネッサ・パラディの娘であるリリー=ローズ・デップと、シミ役で共演した人間ドラマ。1930年代のパリを舞台に、スピリチュアリストとして華々しく活躍するローラとケイトのバーロウ姉妹が、映画プロデューサーのコルベンと出会ったことで、互いの運命を狂わせていく模様を描く。

 いずれもレア・セドゥが主演を務めた『美しき棘』『グランド・セントラル』を手がけたズロトヴスキ監督にとって、本作は3作目の長編監督作。10年来の親友でもあるポートマンとズロトヴスキ監督は、7月20日に開催されるジャパンプレミアに登壇予定。今年2月に第二子を出産したばかりのポートマンにとって、今回は4年ぶりの来日。ジャパンプレミアのチケットは、15日10時よりチケットぴあにて販売開始。(リアルサウンド編集部)