女子フィギュアスケートの長洲未来【写真:Getty Images】

写真拡大

米国の24歳がツイッターで練習動画公開…ファン称賛「アメージングだ」

 女子フィギュアスケートの長洲未来(米国)が自身のツイッターでトリプルアクセルに挑戦した練習動画を公開。見事に成功させ、ファンから「ナイス3A(アクセル)」の声が上がっている。

 長洲は13日に更新し、練習風景の動画を公開した。リンク上から固定カメラで撮られた12秒間の映像では、長洲が正面から現れると、前向きに踏み切り、勢い良くジャンプ。そのまま3回転半を回り、着氷もバランスを崩すことなく、見事に成功させた。本人も「いい雰囲気」と英語でコメントしている。

 日米両方の国籍を持つ長洲は、14歳で全米選手権を優勝。天才少女として注目され、10年のバンクーバー五輪では総合4位に入賞している。24歳で迎える17-18年シーズンでは2大会ぶりの五輪出場を目指し、勝負のシーズン。3回転半に好感触を得ている様子だ。出場すれば、当然、日本勢のライバルの一人となるだろう。

 ファンからも「アメージングだ」「ナイス3A」などと英語でコメントが投げかける一方、日本語でも「これなら試合で決められる」「3A素晴らしいです」との声が上がっていた。

 果たして、自信を深めているトリプルアクセルで今季、銀盤を沸かせることはできるか。開幕が今から楽しみだ。