<インドネシアやカンボジアには、世界中の小児性愛者が好んで訪れ犯罪を起こす場所がある。そこへ至る前に水際で捕まえる努力が始まった>

インドネシア法務司法省と入国管理局は今年1〜6月、海外からインドネシアに入国しようとした幼児・未成年を対象とした性犯罪の履歴のある常習者107人を摘発、入国を阻止したことを明らかにした。

インドネシアのバリ島、ロンボク島などは幼児・未成年の少年少女を対象とした「小児性愛者」「異常性愛者」による性犯罪が多く発生する地域として知られ、その手の性癖のある成人が好む場所として有名だという。

インドネシア当局が国際的な性犯罪被害者人権団体や国際刑事警察機構(インターポール)などの協力を得てこの半年で入国を水際で阻止したのは、オーストラリア人、フランス人、ポルトガル人、南アフリカ人、米国人など92人を含む107人。過去の性犯罪容疑者、現在も監視下にある要注意人物などのインターネットのソーシャルネットワークでの発言や書き込み、旅行日程、行動予定などから動向に関する情報を入手するとともに「ブラックリスト」を作成して、インドネシア各地の国際空港、港湾都市などの入管施設で監視を強化していたという。

オーストラリアから800人が海外に

今年5月にはオーストラリアのメディアが過去1年間に約800人のオーストラリア人性犯罪履歴者が海外に渡航しているとの報道が流れたこともあり、特にオーストラリアからの渡航者に目を光らせていたという。

インドネシアでは2016年2月にスマトラ島ブンクル州ルジャン・ルボン郡の村で14歳の中学2年生の少女が未成年を含む少年ら14人のグループに集団暴行を受けた後に殺害され、その遺体が裸で木に縛り付けられるという悲惨な事件が起きた。

こうした少年少女が犠牲となる事件を重視したジョコ・ウィドド大統領は自身のツイッターで「犯人を厳しく処罰し、子供と女性を守らなければならない」と厳罰化を支持、ただちに「未成年者保護のための性犯罪者への罰則強化」の大統領令を発した。

この大統領令に準じる形で国会の場で関連法案の厳罰化に関する審議が始まり、同年10月に未成年者が被害者となる性犯罪事件の厳罰化法案を賛成多数で可決。最低でも禁錮10年以上、ケースによっては薬物を使用した化学的去勢や被害者が死亡した場合などは死刑もありうる厳しい内容となった。

昨年、11人の少女に対する性犯罪で逮捕された70歳のオーストラリア人男性は裁判で禁固15年の実刑判決を受けている。

大塚智彦(PanAsiaNews)