実は洗濯機もOKだった!自宅で浴衣を洗濯する方法

写真拡大

先日Twitter上で、ファッションセンターしまむらの浴衣のCMが話題になったことをご存じでしょうか? 「若い女性が浴衣を自宅の洗濯機で洗う」という内容で、“洗える浴衣”を全面に押し出したCM。これに対して、「なんでそんな当たり前のことを…」という声がある一方で、「洗える浴衣ほしい!」という声もあり、浴衣を自宅で洗濯できることを知らない人も多い様子。

実は、ファッションセンターしまむらの浴衣以外であっても、自宅で洗濯できる可能性があるのです。

自宅で洗えるか浴衣の洗濯表示を確認する

洗濯できるかどうか確認するためには、洋服と同じようにまずは洗濯表示のタグを確認してください。ここで、洗濯機や手洗い可能かを判断します。

自宅での洗濯ができるとわかったら、次は色落ちのチェック。浴衣の目立たない場所に中性洗剤をつけ、数分置きます。その後、白いタオルやティッシュをあてて、色移りしなければそのまま洗濯へ。

洗濯機で洗う場合は、キレイに畳んだ浴衣を洗濯ネットに入れて、さきほどの洗濯表示に従った洗い方をします。手洗いの場合は、タライなどに多めの水を入れて中性洗剤を溶かし、浴衣が型崩れしないように、やさしく押し洗いしてください。あとは、何度かすすいだら完了。

干す際は、浴衣の袖を物干し竿に通して陰干し。シワになるのを防ぐために、浴衣を手で叩いてシワを伸ばすことを忘れずに。ちなみに、どうしてもシワが気になる場合は、洗濯表示でアイロンがけの温度を確認し、当て布をしながら軽くアイロンをかけることもできます。

浴衣とセットで着用する帯については、洗濯できるものが少ないので、気になる汚れはタオルなどで拭き取るといいでしょう。

夏祭りや花火大会など、これからの時期は浴衣を着たいシーンが多くありますよね。着用して汚れやニオイが気になったら、クリーニングに出すのではなく、自分で手洗いしてみてはいかがでしょうか。

(文・山手チカコ/考務店)