【詳細】野村周平主演ミニドラマ『ランナーズ/クロスロード』はこちら

『トイ・ストーリー』シリーズなど、数々の感動と胸躍る冒険の物語で世界中を魅了し続けてきたディズニー/ピクサーの最高傑作のひとつ『カーズ』シリーズの最新作『カーズ/クロスロード』がいよいよ明日、7月15日に公開となる。

すでに公開を迎えた全米では、ディズニー/ピクサー映画として16作品目の初登場1位となり、メディアからは“大人が泣ける”と高く評価されている。さらに、日本でも発売わずか2週間で特典付きの前売券が完売するなど大きな反響を呼んでおり、ピクサーがあらたに生み出した大人が感動するドラマに大きな期待が寄せられている。

そんななか、先日制作決定が発表され大きな話題となった“実写版ミニドラマ”がついに完成、その全編の映像が解禁となった。

ディズニー/ピクサーのアニメーション映画として史上初という衝撃と、主人公の天才ランナー、幕井雷斗(マクイ・ライト)役に人気俳優・野村周平が起用されることに反響が巻き起こった本ドラマでは、マックィーンを思わせる真っ赤な衣装に“95”のナンバーを身に付けた野村が、本編さながらの疾走感溢れる走りと、衝撃的な大転倒を見せている。

本日はこの後19時57分よりフジテレビ系にて、シリーズ一作目『カーズ』の放送も控えており、本ミニドラマと相まって明日の公開に向けて日本中がまさに“カーズ祭り”といった盛り上がりを見せている。

この実写版ミニドラマは、天才レーサーの主人公、ライトニング・マックィーンの物語を、陸上競技にすべてをかけるランナー:幕井雷斗に置き換えた内容。

映画本編では、これまで華々しく活躍してきた天才レーサー“マックィーン”が、ストームをはじめとする次世代レーサーたちとの激闘で大クラッシュしてしまい、人生の岐路=クロスロードに立たされる物語を描いている。同様に、完成したミニドラマも陸上部でエースとして活躍していた幕井のもとに、才能溢れる1年生、ツトムが現れるところから始まる。そして激しい競争の中、幕井は選手生命を揺るがす激しい転倒をしてしまうのだ。

続く映像では、マックィーンの再起を掛けるトレーナー“クルーズ”をイメージさせる女の子:来栖が、幕井を支える様子が映し出される。さらには、マックィーンの親友メーターを彷彿させる友人も登場し、「限界って、誰が決めるんだ?」と“心に響く”せりふをつぶやいている。

“人生の岐路”(クロスロード)に立ち、運命の決断を前に仲間たちとの絆を深めていくストーリーで、映画さながらの“大人たちの胸を打つ”感動ドラマが完成した。

さらに映像では、実写版ミニドラマに続き、主人公:幕井雷斗役を演じた野村周平が、本ドラマと映画本編の見どころをコメント。「映画本編では、車たちがものすごく熱い人間ドラマを演じているので、この実写版ミニドラマではそのストーリーを人間で表現してみました」と、映画本編に負けず劣らずの出来栄えになっていると自信を見せている。

さらに、実はこのミニドラマには“隠れカーズ”が存在していると、満面の笑みで紹介。また映画本編については、「挫折を経験し、人生の岐路に立つマックィーンと、彼を支える仲間たちとの絆を描いた感動作です」と、あらためて“大人が泣ける感動作”であると語っている。

明日、待望の日本公開を迎える『カーズ/クロスロード』への期待を、この異例の実写ミニドラマがさらに盛り上げる!







映画情報



『カーズ/クロスロード』

7月15日全国公開

監督:ブライアン・フィー

製作総指揮:ジョン・ラセター

全米公開:6月16日

配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン

(C)2017 Disney/Pixar. All Rights Reserved.

映画『カーズ/クロスロード』作品サイト

http://www.disney.co.jp/movie/cars-crossroad.html