先日掲載の記事「トランプ長男の『告発』は見せしめか?米ロ接近を阻みたい影の勢力」でお伝えしたとおり、トランプ×プーチン初会談直後というタイミングで噴出した、トランプ氏長男のスキャンダル。今回の無料メルマガ『ロシア政治経済ジャーナル』では著者で世界情勢に詳しい北野幸伯さんが、前回に続きこの一件の詳細な経緯を解説するとともに、トランプ大統領がここまで追い詰められてしまった原因について考察しています。

なぜトランプ・ジュニアのメール公開は「自殺行為」(BBC)なのか?

前号では、

トランプ長男は昨年6月9日、ヒラリーのヤバい機密情報を得るために、ロシア人弁護士のナタリア・ベセルニツカヤさんに会っていた。トランプ・ジュニアは、事実を認め、それにまつわるメールを自ら公開した。

という話をしました。まだ読んでない方は、是非こちらをご一読ください。

● トランプ長男の「告発」は見せしめか?米ロ接近を阻みたい影の勢力

これの何が問題なのか? 「ロシア・ゲート」について復習しておきましょう。ロシア・ゲートには、主に三つのポイントがあります。

ロシアが、アメリカ大統領選挙に介入した問題。

これについて、FBIは、「確実だ」としています。トランプ陣営が、ロシアと結託していた問題。

これについては、特別検察官が捜査中。トランプさんが、コミ─FBI長官を解任したのは、「ロシア・ゲート捜査を邪魔するためではないか?」という問題。つまり、「捜査妨害」「司法妨害」。

これについても、特別検察官が捜査中。

今回トランプ・ジュニアさんは、「ロシア政府の代理人からヒラリーの機密情報を得るために会った」ことを告白してしまった。(ロシア人弁護士は、「ロシア政府と関係ない」としています)。これは、「トランプ陣営とロシア政府が結託していた証拠なのではないか?」というのですね。

メール公開は「自殺行為」(BBC)

BBC News 7月12日は、この「メール公開」について、珍しく「エモーショナル」な記事を載せています。見てみましょう。

ドナルド・トランプ・ジュニア氏が11日朝に自らツイートしたメールの詳細は、「とんでもない」では済まされない。「驚天動地」、あるいは「地殻変動的」はどうか。「神々のたそがれ(G tterd mmerung)」ならぬ「ツイッター的たそがれ(Twitterdammerung)」はどうか。

要するに、「メール公開」は、「言葉で表現するのが難しいほど、とんでもないことだ」と言いたいのですね。

トランプ米大統領の長男はおそらく、米紙ニューヨーク・タイムズがメールの内容を報道する予定だったため、先回りして自ら公表したのだろう。トランプ・ジュニア氏とロシア人弁護士の会談について同紙は9日から連日、報道と言う名の大波でホワイトハウスを直撃し続けていた。その第4波が、メールの詳細報道になるはずだった。

 

だとするならば、「完全な透明性」のためと自認してのメール公表ではあったが、トランプ・ジュニア氏のしたことは、他人から撃たれないようにするため自分で自分の頭を撃ちぬく行為に等しい。自分を守るための真似ではありえない。

(同上)

「トランプ・ジュニア氏のしたことは、他人から撃たれないようにするため自分で自分の頭を撃ちぬく行為に等しい」。

そうです。「人から撃たれたくないので、先手を打って自殺しちゃった」と。

詳細を見ていきましょう。

 

悪評にまみれて記憶されるだろう一連のメールの中で、特に驚嘆に値する箇所が4つある。

 

1.「これはもちろんとてもハイレベルでデリケートな情報だが、ロシアとその政府が大統領選でトランプ氏を応援する一環のものだ」

 

(中略)

 

上記した一節こそが、明らかにこの4ページ目で最も注目されるハイライトだ。音楽業界の広報業者から国際的な謎の人に転じたロブ・ゴールドストーン氏は、大統領を目指していた人の息子に真正面から、ロシアが君の父さんに手を貸そうとしていると伝えているのだ。

(同上)

ロブ・ゴールドストーンさんは、トランプ・ジュニアさんとロシア人弁護士が会えるよう、仲介した人物です。

う〜む。ロブさんのメールの一節「これはもちろんとてもハイレベルでデリケートな情報だが、ロシアとその政府が大統領選でトランプ氏を応援する一環のものだ」は、

1.「ロシア政府が、アメリカ大統領選に介入した」の証拠になる可能性がある。

そして、このメールを受け取ったトランプ・ジュニアさんがロシア人弁護士に会った事実は、

2.「トランプ陣営とロシア政府が結託していた」ことの証拠になる可能性がある。

少なくともジュニアさんは、「ロシア政府から機密情報の提供がある」ことを期待して会いにいっている。

2.「君の言う通りの内容なら最高だ特に夏の後半には」

 

句読点の不在が非常に目立つというのは横に置いて、トランプ・ジュニア氏がこうして返信したことから、自分がどういう事態に関わろうとしているのか、本人は完全に承知していたことが分かる。自分の父親とホワイトハウスの間に立ちはだかる唯一の人物について、犯罪の裏付けとなるような資料をロシア政府からもらえるかもしれないとなり、よだれを流さんばかりの状態だ。

 

しかもこの一節の後半からして、入手情報をどのタイミングで公表できるかトランプ・ジュニア氏が考えている様子がうかがえる。

(同上)

ここでは、トランプ・ジュニアさんが、「ロシアから得た機密情報を、いつ使ってヒラリーに決定的打撃を与えようか?」と考えていることがわかります。これは、「ロシア政府が、ジュニア君を通して、アメリカ大統領選に介入した」、つまり、「トランプ陣営とロシア政府は結託していた証拠」になる可能性があります。

3.「モスクワからこの木曜日にやってくるロシア政府の弁護士と、君の会合を調整してくれと、エミンに頼まれた」

 

問題の弁護士、ナタリア・ベセルニツカヤ氏は、自分はロシア政府と関係ないと主張している。しかしゴールドストーン氏はここで彼女をトランプ・ジュニア氏に「ロシア政府の弁護士」と紹介している。

(同上)

エミンというのは、ロシアの(アゼルバイジャン系)歌手です。面白いですね。二人仲介者がいるのです。ジュニア-ロブ-エミン-ヒラリーの秘密を知る弁護士、ナタリア弁護士は、「自分はロシア政府と関係ない」としています。そうなのかもしれません。しかし、ジュニアさんは、「ロシア政府の弁護士」と期待して会っていた。

4.「To:ジャレッド・クシュナー、ポール・マナフォート」

 

一連のメールの一番上に、ホワイトハウスにとって特に気になるはずの名前が二つある。トランプ大統領の義理の息子のジャレッド・クシュナー大統領顧問と、当時のトランプ選対本部長ポール・マナフォート氏だ。

 

これはつまり二人とも、クリントン氏に打撃を与える「公式文書や情報」提供を申し出るというメールのやりとりの全容を受け取った上で、翌日に問題の会合に出席したことを意味する。

(同上)

トランプ・ジュニア、イヴァンカさんの夫クシュナーさん、マナフォード選対本部長は、「ロシア政府の代理人弁護士から、ヒラリーのヤバい機密情報を得ることができる」ことを期待してあった。このことは、「トランプ陣営が、ひろくロシア政府と結託していた」ことの証拠になる可能性があります。

以上、BBCの記事を紹介しました。「可能性があります」と歯切れの悪い結論になっていますが。私たち司法の素人が見て、「これは決定的だろう」と思っても、案外スルーされたりすることが多い。それに、「政治的力学」もやはり判決を左右する気がします。なんやかんやいっても、「解釈の余地」がありますから。

しかし、普通に考えれば「トランプさんは、また一歩弾劾に近づいた」ということでしょう。

image by: Flickr

 

『ロシア政治経済ジャーナル』

著者/北野幸伯(記事一覧/メルマガ)

日本のエリートがこっそり読んでいる秘伝のメルマガ。驚愕の予測的中率に、問合わせが殺到中。わけのわからない世界情勢を、世界一わかりやすく解説しています。まぐまぐ殿堂入り!まぐまぐ大賞2005年・2008年ニュース・情報源部門一位の実力!

出典元:まぐまぐニュース!