初めてフジロックに行くナトゥ(夏)……どんな準備をすればいいの?

7月29日、30日、31日の3日間、新潟県湯沢町苗場スキー場にて野外音楽フェス『FUJI ROCK FESTIVAL 2017』(以下:フジロック)が今年も開催されます! Corneliusと小沢健二が同日に出演するとか、RAD WIMPSやMONDO GROSSO、CoccoやYUKIが初出演を果たすとか、さまざまな話題で盛り上がっていますねぇ。そんな多彩なラインナップとなる今回、初めてフジロックに足を運ぶという方も多いかもしれません! そんな方のために、この記事では準備するべきモノを予習していきますっ。レッツゴー!

<耳マンのそのほかの記事>

フジロックに20年連続で行っている大先輩に教えてもらおう!

というわけで、初年度以外は毎年フジロックに行っている(通算20回!)という先輩フジロッカーのOさんに、必須アイテムやあると便利なアイテム、望ましい服装などを詳しくお聞きしましたっ。

ガチで必要なアイテム7つをご紹介ッ

・スマートフォン
日常生活でも便利なスマホはフェスでも必須アイテム。会場までの行き方や地図を見たり、タイムテーブルを確認したり、友達と待ち合わせの連絡をとったり、写真を撮ったりSNSを使ったり……いやぁ〜スマホって、本当に便利ですねぇ。

・腕時計
スマホの電池が切れたときのために腕時計も着けて行きましょう。時計があって困ることは、ない!(断言)

・日焼け止め
やはり野外フェスには日焼け止めは必須のようです。女性は普段から使用している方も多いと思いますが、1日中外にいるのでウォータープルーフのものやSPFやPAの高いものが良さそうですね。普段は日焼け止めなんて使わないぜ!という男性も、塗らないと皮膚が赤くなってヒリヒリしちゃうかもしれないので、健康な肌を守るために必須アイテムのようですっ。

・帽子
帽子は日よけにもなるし頭皮&髪の毛も守ってくれるので、被りましょう! つばが広くいけど邪魔にならず軽いという点から、バケットハットが良さげかも!? フェスっぽくてアガるぅ!

・虫除けアイテム
虫除けスプレーも必須。フジロックは特にマダニの被害が多いようです。マダニに刺されると体調が悪くなるだけでなく、数ヶ月も皮膚科に通わないといけなくなるとか……。スプレータイプのもののほか、100円ショップなどで売っているブレスレットタイプのものがあると安心かもしれません!

・レインコート
山は天気が変わりやすく、いつ雨が降るかわかりません。会場内では傘が禁止となっているので、レインコートを持って行きましょう! 雨に濡れてビショビショになったらきっとライブどころじゃなくなってしまいますよね……。備えあれば憂いなしッ!

・長靴かレインシューズ、もしくはトレッキングシューズ+防水スプレー
雨が降ったときのことを考えて、足元は長靴やレインシューズ、もしくはトレッキングシューズに防水スプレーをかけるのが良さそうです。会場内の奥地では雨が降ったあとに地面がぬかるんでいることもあるので長靴が良いそうですが、重いというデメリットも……。いつでも軽い足取りでいたい方は、トレッキングシューズに防水スプレーをかけるのもオススメ!

あると便利なアイテムは……?

・アウトドア用の椅子
折りたたみのできるアウトドア用の椅子は、あると便利なアイテム。ゆったりとライブを楽しみたい方やたくさんステージを往復しない方は、椅子があると快適に過ごせそうです。

・ビニール袋・ショッパーバッグ
ビニール袋やビニール製のショッパーは、汚れたタオルや衣類を入れられたり、雨が降ったら荷物の防水に役立ったり、簡易的なレジャーシートの代わりになったりと、さまざまな用途に使えるそう。

・ジップ付きのビニール袋
ジップ付きのビニール袋は、スマホを入れると袋の上から操作できるので雨が降ったときの電子機器の防水にピッタリ。ほかにも小銭入れの代わりになったりと、あらゆる面で便利なようです。ビニールを発明した人、天才かよ!

・モバイルバッテリー
フジロックでは、エリアや時間帯によってスマホが繋がりにくい場合があり、スマホのバッテリーが普段以上に減りやすくなるようです。こまめに連絡をとったりSNSに投稿をしたい方は、モバイルバッテリーがあると安心!

・ストール
晴れたときに舞う砂埃を防いだり、日よけや防寒のために、ストールがあると便利だそう。簡単に広げたりたたんだりできるストールは、パーカーやカーディガンより楽に持ち運べますねっ。

・スイカやパスモなどの電子マネー
フジロックではたくさんの屋台が出店されていますが、一部のお店では電子マネーが使えるそう。お釣りなどの手間がはぶけるので便利ですね! 使える電子マネーの種類は下記のとおり(2016年時点の情報です)。
・nanaco(ナナコ) ・楽天Edy(ラクテンエディ) ・WAON(ワオン) ・Kitaca(キタカ) ・Suica(スイカ) ・PASMO(パスモ) ・TOICA(トイカ) ・manaca(マナカ) ・ICOCA(イコカ) ・SUGOCA(スゴカ) ・nimoca(ニモカ) ・はやかけん

・ペンライトや小さい懐中電灯
夜になると会場の奥地は真っ暗で足元が見えなくなることも。ペンライトや小さい懐中電灯があると便利なようです!



服装はどんな感じで行ったら良いのっ!?

必要なアイテムを勉強したところで、当日の服装は何を着て行けばいいのか教えてもらいました! 動きやすい服装だということは想像つくけど……細かく言うとどんな感じなのっ!?

・レギンスなどの肌を守る衣類
前述のとおりフジロックにはマダニ(やそのほかの虫)の被害に遭う場合もあるので、極力肌の露出が少ないほうが良さそうです。ファッション雑誌などで肌の露出しまくりのフェスコーデなどが掲載されていることがありますが、フジロックには向いてなさそう……。

・雨の対策をしっかりと!
やはり天気がいつ変わるのかわからないので、雨に強い靴や、レインコートも必須です。大先輩が言うには、「雨が降ったら誰も他人の服とか見てない」とのこと。そりゃそうだわっ!

オシャレをしたい気持ちも山々ですが、会場はガチの山なので、より非常時の対策に重点を置いたほうがフェスをより楽しめそうです。

とは言え1番大切なものはアレ!

と、ここまでフジロックに必要なモノたちをご紹介しましたが、パイセン曰く「1番必要なのは楽しむ気持ちと、観たいアーティストへの情熱」だそう! みなさん、物理的に必要なモノを準備しつつ、昂ぶる気持ちやあふれ出すパッションも育てて当日に臨みましょう♡

[耳マン編集部]