ITパスポート試験対策講座を担当する窪田郁美さん

写真拡大

大手大学受験予備校の代々木ゼミナール(代ゼミ)の「代ゼミライセンススクール」は、大学生や社会人を対象に資格試験受験指導校の講義を全国の代ゼミ各校に向けて映像配信している。法律系国家試験、薬剤師国家試験、FP(ファイナンシャルプランナー)技能士試験に加え、「ITパスポート試験」の対策講座を2017年8月27日に初開講する。

代ゼミと提携して実際に授業を受け持つのは、IT企業のクロス・ヘッド(東京都渋谷区)。長年にわたる教育実績を活かした独自のノウハウを講義内容に反映させ、初学者でもITパスポート試験の合格を目指す。

生授業とVOD、好きな授業スタイルでどうぞ

ITパスポートは、情報セキュリティの脅威が増し、すべての人にセキュリティリテラシーが求められる現在、年々ニーズが高まっている経済産業省認定の国家資格だ。IT分野に関してある一定の知識があることを証明する。ITの基礎知識を備えた人材を求める企業や省庁の採用でも活用され始めており、一部の大学では入試優遇制度や単位認定制度がある。就職や転職、進学時に高い評価を得ることができる。

ITパスポート試験対策講座の講義回数は4コマ×3日間(1コマ90分)。8月27日、9月3日、9月10日の初回に限り、東京・代々木の本部校(代ゼミタワー)にて生授業を行う。本部校以外の札幌校、新潟校、名古屋校、大阪南校、福岡校は生中継を実施する。各日のスケジュールは9時〜16時30分。

ビデオ・オン・デマンド(VOD)による個別ブース受講は、生授業日の4日後から視聴できる。視聴希望日の3日前までに1コマずつ予約可能だ。視聴回数は1コマ1回まで。

申し込み受け付けは既にスタートしており、専用サイトから手続きを行う。受講料金は3万円(教材費、税込)。なお受講者15人以上の法人にはお得な団体受講料金が適用される。

IT技術者教育・研修に20年以上の実績

1992年に誕生したクロス・ヘッドは、ITソリューション事業、プロダクト事業(海外IT製品の輸入・販売・サポート)、エンジニアサービス事業(ネットワークエンジニア常駐派遣)が主な柱だ。

新卒入社のエンジニアのうち約5割がIT未経験者。創業時から社内向けIT技術者教育・研修のノウハウを積み重ね、クライアント企業へのエンジニア派遣のみならず、外部向け研修の実績も豊富にある。

今回の講義を担当するクロス・ヘッド教育部の窪田郁美さんも大学時代は文系学部だった。すべての業界で必要となるITに魅力を感じてこの業界に飛び込む。ゼロから学んだ自らの経験を活かし、初学者にもわかりやすい授業を心がけているという。今後常識となりうるITリテラシーをたくさんの方々に身につけてもらうため、ITパスポート試験合格者を1人でも多く輩出することが彼女の目標だ。

このほか代ゼミライセンススクールと同社では、IT利用者の情報セキュリティ対策に特化した国家資格、「情報セキュリティマネジメント」の試験対策講座の開設を17年9月に予定している。