北朝鮮外務省の報道官(スポークスマン)は13日、朝鮮中央通信の質問に答える形で、米国が発表した人身売買に関する報告書に反発した。同日、朝鮮中央通信が伝えた。

米国務省は先月27日、世界各国の人身売買に関する2017年版の年次報告書を発表。報告書で北朝鮮は、中国、イラン、ロシア、シリアなどとともに最低ランクに位置づけられた。

報道官は、「米国が毎年、『人身売買報告書』なるものをでっち上げて他国に訓戒しているのは、無分別な妄動だと言わざるを得ない」と非難した。

また、「北朝鮮労働者がロシア領土にある『労働収容所』で『強制労働』をしているとでたらめなことを並べ立てた米国の『報告書』をロシアが途方もないうそであると一蹴したのは、米国こそねつ造と詐欺の元凶であることを再び実証している」と述べた。

そのうえで、「米国は、生意気な『人権裁判官』のベールを直ちに脱ぎ捨て、世界最大の人権不毛の地、人権蹂躙国、人権犯罪国としての悪臭が漂う国内を掃除する方法から学ぶべきであろう」と強調した。