放送終了「怪しいパートナー」入隊迫るチ・チャンウクの演技力を再確認

写真拡大

※この記事にはドラマのストーリーに関する内容が含まれています。
俳優チ・チャンウクがSBS水木ドラマ「怪しいパートナー」で演技力を誇示した。

「怪しいパートナー」(脚本:クォン・ギヨン、演出:パク・ソンホ) で、チ・チャンウクはこれまで見せた姿とは180度異なっていた。チ・チャンウクは初め、ロコ(ロマンチックコメディ) とは遠いと考えられていた。tvNドラマ「THE K2」、KBS 2TVドラマ「ヒーラー」、映画「操作された都市」などで、豪快なアクションが加味された作品で演じてきたからだ。

しかし、ベールを脱いだチ・チャンウクのロコは期待以上だった。チ・チャンウクは役作りに躊躇もなかった。痴漢に誤解され高校生と戦うシーンなど、彼はコミカルな表情を加えて笑いを誘った。劇の序盤、数日間髪を洗っていないウン・ボンヒ(ナム・ジヒョン) の頭を触りながら言ったセリフ「汚いけど、可愛い」は流行語になったほどだ。チ・チャンウクは、どんなセリフも素敵にしてしまう能力を見せた。

ロマンチックな演技も非の打ちどころがなかった。チ・チャンウクのトレードマークとも言える憂愁に満ちた眼差しでナム・ジヒョンをじっと見つめたり、自分の気持ちを伝えるべき時は眼差し一つで全てを解決した。特有の甘い声も劇への没入度を高めた。

「怪しいパートナー」を通じたチ・チャンウクの人気は、各種SNSでも立証された。「怪しいパートナー」が放映された日には、チ・チャンウクのショートビデオがSNSに掲載され、彼の格別な人気を知ることができた。

「怪しいパートナー」がチ・チャンウクにとってさらに意味をもたらしたのは、8月14日に軍に入隊する彼の最後のドラマとなるからだ。軍除隊後の彼の活躍により一層期待が高まる。