シン・ハギュン&EXO ディオ主演「7号室」初公開…監督が感想を伝える

写真拡大 (全2枚)

俳優シン・ハギュンとEXO ディオという新鮮な組み合わせで注目を集めている映画「7号室」(監督:イ・ヨンスン) が初公開された。

「第21回富川(プチョン) 国際ファンタスティック映画祭(以下、BIFAN)」の開幕作に選定された「7号室」は、13日に開催された「第21回BIFAN」開幕式で韓国の観客たちに初めて公開された。

オープニング作品の上映に先駆けて、監督と俳優たちがステージに上がり感想を伝えた。シン・ハギュンとディオ、イ・ヨンスン監督は「『7号室』がオープニング作品に選定されて嬉しい。光栄に思っている」と言い、緊張とときめきを表した。

ベールを脱いだ「7号室」は、ブラックコメディジャンルに充実した作品だった。イ・ヨンスン監督の前作「10分」と同じく、今の時代を生きていく青年たちの悲しみや苦しみを極端な事件を通じて描いた「7号室」は、ほろ苦いがコミカルな人物を通じて軽快に描かれている。

ドゥシク(シン・ハギュン) が運営するDVD鑑賞室の7号室という狭い空間で繰り広げられる一連の事件は、見ている間、観客たちにスリル感を与え続ける。無駄のないストーリーラインを貫く点も印象深い。

また、多くの人々を期待させたシン・ハギュンとディオの出会いは、予想通り新鮮な楽しさを与える。シン・ハギュンとディオという独特な組み合わせは、劇中で2人の妙な関係を際立たせる。シン・ハギュンは特有のとぼけた演技でキャラクターに立体感を与え、タバコや悪口などでイメージチェンジを図ったディオも、これまで見たことのない新しい姿を見せてくれる。

どっしりとしたメッセージを新鮮な題材と映画的な楽しさで表現した「7号室」は、俳優たちの好演で完成度を高めた。

「7号室」はソウルの潰れかけているDVD鑑賞室「7号室」にそれぞれの秘密を隠すようになった社長とアルバイトが、複雑に絡んでいく状況から逃げ出すために奮闘する物語を描いた映画だ。下半期に韓国で公開される予定だ。