@AUTOCAR

写真拡大 (全6枚)

展示場所は「ボナムス」 その理由は?

ロールス・ロイスは、“最も有名なファントム” とでも呼ぶべき1台を、一般公開にむけて準備している。

これは、ビートルズのアルバム「サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド」発表から今年が50周年となるのを記念し、かつてジョン・レノンが所有していたことで知られる色鮮やかな「ロールス・ロイス・ファントムV」をロンドンに里帰りさせるというもの。


現在カナダのロイヤル・ブリティッシュ・コロンビア博物館が所蔵する「ザ・ジョン・レノン・ファントムV」は、カナダからロンドンへと里帰りし、ロールス・ロイス「ザ・グレート・エイト・ファントム展」で展示される。

同展の会場は、ボンド・ストリートのオークションハウス「ボナムズ」が選ばれた。これは、アルバムが発表された1960年代後半、レノンがこのファントムでボナムズをよく訪ねていたためだ。

「ザ・ジョン・レノン・ファントムV」は世界中から集められた過去7世代のファントムのひとつとしてボナムズにおいて、7月29日から8月2日まで一般公開される。
 

ザ・ジョン・レノン・ファントムVとは?

レノンとファントムの出会いは、1965年まで遡る。65年6月3日。ジョン・レノンのもとに、特別なものが届けられた。


それがバレンタインブラックのロールス・ロイス・ファントムV。レノンはその後、「変わった億万長者になりたい」と語り、ファントムがその夢を叶える大きな一歩になった。

このファントムVは、ジョン・レノンが本格的なロックスタースタイルにカスタマイズしたもので、後席にはシートの代わりにダブルベッドとテレビ、電話、冷蔵庫が設置されたほか、「フローティング(縦置き)」レコードプレーヤーとカスタム・サウンドシステム(外部拡声器を含む)を備えていた。


その後1967年4月、「サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド」のレコーディングが行われるさなか、レノンは、イギリス・サリー州のコーチビルダー、JPファロンに対し、新しいペイント仕上げを施すよう依頼する。

装いを新たにしたファントムは、「サージェント・ペパーズ」の世界同時リリース日(6月1日)より数日前に発表。

配色はしばしば「サイケデリック」と呼ばれるが、その色彩はイエローを基調とするもので、「サージェント・ペパーズ」のレコードジャケットと軌を一にするものだった。しかし、よく見ると、渦巻きはでたらめなものではなく、少数民族ロマ族のキャラバンや運河のはしけにあしらわれている花唐草文様で、ルーフには占星術の十二宮サインのようなマークが飾られている。
 

勲章をバッキンガム宮殿に返還

このファントムVをレノンは1969年まで頻繁に使用し(もう1台、目立たないオールホワイトのファントムVも所有)。塗装しなおす前のこのクルマを1965年のザ・ビートルズMBE(大英帝国五等勲爵士、団員)叙勲時に使用しただけでなく、カスタムペイント後の1969年にも、ベトナム戦争などに抗議して同勲章をバッキンガム宮殿に返還する際に使用した。


1970年にはジョン・レノンの米国移住とともに大西洋を渡り、ザ・ローリング・ストーンズやボブ・ディラン、ムーディ・ブルースなどほかのロックスターの送迎用に貸し出される。

その後、1977年にロイヤル・ブリティッシュ・コロンビア博物館(カナダ・ブリティッシュコロンビア州ヴィクトリア)へ寄贈された。


ロールス・ロイス「ザ・グレイト・エイト・ファントム展」は、7月29日から8月2日まで、ロンドン・ニューボンドストリートにあるオークションギャラリー、「ボナムズ」で開催される。