ディズニー/ピクサー史上最大の衝撃!?『カーズ』新作の監督に独占インタビュー

写真拡大

クルマのキャラクターが活躍するディズニー/ピクサーの人気シリーズ『カーズ』。その最新作『カーズ/クロスロード』が、7月15日より全国公開される。同作は、天才レーサーのマックィーンが思いがけない挫折を経験して「人生の岐路」に立ち、運命の決断を迫られる姿を描いたアニメーション映画。その日本公開を前に来日したブライアン・フィー監督に、作品の見どころや制作秘話などを聞いた。

──ブライアンさんにとって、今回が監督デビュー作になりますが、どのような意気込みで制作にあたりましたか?

監督:実は、これまで私は監督になることをまったく考えたことがなかったんですよ。『カーズ』シリーズには初期からストーリーボード・アーティストとして関わっていたのですが、(前2作『カーズ』、『カーズ2』の監督の)ジョン・ラセターから「監督をしてほしい」と言われ、今作でデビューを飾ることになりました。とにかく「よい物語を伝える」こと、実生活の体験などからインスピレーションを受けた「個人的な思いを伝える」ことを大切にしましたね。また、前2作でこの世界観をつくり上げたジョン・ラセターが誇りに思ってくださるような作品にしたいとも思いました。

──作中に登場する主要キャラクター、マックィーンとクルーズ・ラミレスの関係は、ジョン・ラセターさんとブライアンさんの関係に重なって見えましたが……。

監督:確かに私がジョン・ラセターから監督というバトンを受け継いだことは、作中のマックィーンとラミレスの関係に重なる部分がありますが、偶然そうなっただけですよ(笑)。今回の作品では、そういった師との関係も大切にしていますが、どちらかというと「子どもの成功をとても誇りに思う」という自分自身の経験がインスピレーションの源になっていますね。

──監督するにあたって、ジョン・ラセターさんからアドバイスなどはあったのでしょうか。

監督:とてもたくさんのことを学びました。とくに「スタッフに敬意を払う」ことの大切さを教わりました。たとえば、アニメーターが手がけたシーンが作品の雰囲気に合わず使えなくなった場合、(アニメーターを責めるのではなく)その問題の責任を監督がちゃんと持つべきであるということ。そもそも監督が伝えるべきことをうまく伝えていれば、そういった事態は起こらないわけですしね。

──作中ではマックィーンが次世代のクルマたちに比べると旧世代のクルマに見えて、ちょっとショックでした。

監督:世代交代感を出したかったので、近代的なクルマのフォルムやディテールをあらゆる角度から見るなどして、徹底的に研究しました。マックィーンの脅威となる次世代レーサーのジャクソン・ストームは、すべてが筋肉でできているブルドッグのようなクルマなので、車体を低くしグリーンハウス(窓ガラスで囲まれる部分)の位置を下げることで新鋭感を出し、マックィーンと差別化を図ったんです。その結果、最終的にサメの鼻のような戦闘的で尖ったデザインになりました。

──映像化が困難だったシーンはありますか?

監督:技術は常に進化していますから、今までできなかったようなシーンも表現できるようにはなっているんですよ。ただ、それをもってしても時間がかかるショットはあって、今作ではレンダリング(CGの描画)に丸5日かかったショットがありました。しかも描画が終わった後で修正が必要になり、さらに5日待って修正箇所を確認するという……。ちなみに、車体やミラーの反射を表現する際、従来は別途映り込む画を用意していたのですが、現在の技術だと(3DCGソフト上の計算で)正確に再現できます。でもそれにはスクリーン外にいるキャラクターを動かし続けなければいけない。それをうっかり忘れていて、映り込んでいるキャラクターの動きが止まっていて修正したこともありましたね(笑)。

──最後に読者へのメッセージをお願いします。

監督:本作は世代についての物語であり、師についての物語でもあります。師と仰ぐ人の存在なくしては現在の自分はありえないし、今後も自分の中に居続けてほしいと思っています。みなさんにとっての「師」とは、どんな人でしょうか。ぜひお聞かせください!

ということで、「あなたには師と仰ぐ人はいますか?」「教えて!goo」で意見を募集中!

【公開情報】
映画『カーズ/クロスロード』
7月15日(土)全国ロードショー
配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン

(c)2017 Disney/Pixar

映画『カーズ/クロスロード』公式サイト

教えて!goo スタッフ(Oshiete Staff)