普段何気なく使っているスマホ。最近ではメールやSNSで連絡を取り合うことも増えてはきましたが、それでも仕事や問い合わせなどで、いまだに電話をかける機会ってありますよね。そんなとき、皆さんはどちら側の耳を使って電話していますか?「左耳じゃないと無理」「気がつくといつも右耳」など、いろんな意見がありますが、いったい、どちらの耳を使う人が多数なのでしょうか。

右耳と左耳のどちらが多数意見なのでしょうか!?

さて、あなたはどちら側の耳をつかって電話しますか?投票してみましょう!

(※スマホの方は、ダブルタップしてください)

スマホの操作は、どっちの手で?
(※スマホの方は、ダブルタップしてください)

右耳=若い、左耳=おじさん!?

この、通話する時の電話の左右の向きに関して、どちらの耳を使うかで、その人の世代がわかってしまう、という説があります。

幼い頃から固定電話を使ってきたシニア世代は、左手で受話器を持ち、右手でダイヤル・メモをするというスタイルが、左手にお茶碗、右手に箸をもつくらいに当たり前の習慣として染み付いてしまっている人が多い一方、小・中学生ですでにガラケー・スマホを使っていた若者世代は、右手だけですべての操作を済ませてしまう人もいるため、若いほど右耳派は増える傾向にある可能性があります。

「手の大きさ」「スマホの大きさ」による説

女性や子供など、手の小さい人は、大きなスマホを握った手で画面操作するのが難しい傾向があります。また、最近のスマホは画面が大型化する傾向があり、男性でも片手操作がしにくい人が多いのではないでしょうか。その場合、片手でスマホを持ち、反対の手でスマホ操作することになります。一般に利き手が右の人が多いため、結果的にスマホを左で持つ人が多いことになり、自然に左手で通話することになるのではないか、という説もあります。

「利き耳」が存在するという説

「利き手」や「利き足」があるように、耳にも「利き耳」があって、人はそれぞれ無意識に自分の利き耳で通話しているのではないか、という説も存在します。この場合、利き手が右利きの人が大多数で左利きの人が少数派であるように、どちら側の耳を通話に使うかにも、圧倒的な差が存在する可能性も考えられます。

右耳派のTwitter

左耳派のTwitter

緊急投票!多いのはどっち?

さて、あなたはどちら側の耳をつかって電話しますか?投票してみましょう!

(※スマホの方は、ダブルタップしてください)
スマホの操作は、どっちの手で?
(※スマホの方は、ダブルタップしてください)

出典元:まぐまぐニュース!