メンバー発表記者会見に臨んだ高倉監督。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大 (全3枚)

 日本女子代表が7月14日、「2017 Tournament of Nations」に臨むメンバー発表を行なった。
 
 この親善大会は、7月27日から8月3日にかけてアメリカで開催。日本(FIFAランク6位)のほか、アメリカ(同1位)、ブラジル(同8位)、オーストラリア(同7位)という強豪国が参加する。
 
 メンバー発表会見に登壇した高倉麻子監督は、大会に向けた意気込みと、今回のメンバー選出の理由を語った。その全文を紹介する。

 ――◆――◆――
 
「アメリカとはもう長くライバル関係にありますし、ブラジル、オーストラリアも招いて4か国で試合ができますので、強化の一環としてアメリカに行きます。新しい選手を4人入れています。監督に就任した当初から『様々な選手にチャンスがある』と言っていますけど、全員当時から頭のなかにいた選手。最近はどの選手もコンディションが上がってきたので、前回に呼んだ選手に代えて、競争の活性化を図りたいという想いで選出しました。
 
 (今大会は)ブラジルもオーストラリアもアメリカも、FIFAランクの上位にいるチームとの対戦になります。私たちは今、いろんな選手を試しながら積み上げをしていきながらも、『いつも勝ちにこだわって』と言っています。来年の4月には、ワールドカップ予選もあるので、選手を試すことも当然ですが、今度はチームとして勝ちにいくことに、さらにこだわってやっていかないといけない。この間のオランダ戦、ベルギー戦では新しいフォーメーションを試しました。そういった戦術の幅を広げるということと、チームの力を上げていくという、ふたつのことをやりながらゲームを進めていきたい。
 
 また今大会はインターナショナルマッチデーの開催ではないということで、キャプテンの熊谷(紗希/リヨン)は、チームから出せないと言われたので、残念ながら今回の遠征には来ません。けれども、彼女がキャプテンであることに変わりはないですし、引き続き彼女にはチームで頑張ってもらいたい。
 
 今年は、チーム力の向上を図って、期間を置かずに試合を組んでもらっていますので、とにかく全員で成長していけるように全力でぶつかっていきたい」
――現チームの課題は?
 
「攻撃と守備を分けるものではないと思っていますけど、試合に負けないという意味で、守備でいろんなことを試しています。爐笋譴討い襪弔發蝓蹐任呂覆、犂萎にこなす″という、あと一歩のポジショニングや球際に対する強さにはこだわりたい。
 
 ただ守備に時間を多く割く一方で、攻撃はまだトレーニングで長い時間詰められていない。いろんなタイプのFWがいるので、どうやってチームとして点を取るか、そこを積み上げていきたい」
 
――初選出した4人の評価は?
 
「GKの齊藤彩佳(マイナビ仙台)に関して。今回、山根(恵里奈/ベティス)がスペインに移籍したこともありますし、コンディションを考えて、新しい選手の発掘を試みました。彼女は第2GKとして長く下積みをしていましたけど、ここのところ、非常に力をつけてきていると、(マイナビ仙台の越後和男)監督とも話をしていました。サイズもあって、カップ戦のパフォーマンスを見ても十分にやれるなと感じたので呼びました。GKでも競争の活性化を図りたい。
 
 次は坂本(理保)。長野Lはリーグで良い成績を収めているなかで、彼女がディフェンスの中心でリーダーシップを発揮している。すごく読みが良いし、年代別の代表にも選ばれたことがある。(長野Lの本田美登里)監督からの強い推薦もありましたし、現代表チームはCBが手薄なので、この選手がどれぐらいやれるのかを見てみたいと感じ、思い切って入れました。