U-17北信越選抜との練習試合では、1本目に出場して1得点。しかし「高さでも『新しい武器』と呼べるようなものを示せなかった」と反省しきりだ。写真:古田土恵介(サッカーダイジェスト編集部)

写真拡大 (全3枚)

 7月11日から新潟県新発田市で合宿を張るU-17日本代表には、U-16日本代表から6人が飛び級招集された。そのうちのひとりが、栗原イブラヒムジュニアだ。父はガーナ人、母は日本人のハーフ。2001年8月14日生まれの15歳で、三菱養和ユースに所属している。
 
 身長はGK谷晃生(190センチ)に次ぐ188センチ。フィールドプレーヤーとしては最も高い。取材した7月12日時点では、神戸U-18の小林友希(185センチ)がトップチームでの活動を優先して合流していなかったため、他の選手より頭ひとつ分ほど抜けて目立っていた。
 
 話を聞く際には、人懐こい笑顔を見せる。そんな栗原のプレー面での持ち味は、見た目通りに高さと強さ。「自分の武器はフィジカルの強さ。U-16日本代表では、競り勝つことでチャンスの匂いがしないボールをチャンスに変えてきた」という。
 
 U-17日本代表の森山佳郎監督は「先月のインターナショナルドリームカップ(宮城県で開催)で優勝したU-16代表から引き上げたのは、シンプルに大会で良かったから」と話していた。では、そのなかで栗原が選ばれた理由は何か。
 
 それを考えるにあたって、豪華なメンバーが揃うU-17日本代表のFW陣を簡単に紹介したい。まずは今回の代表活動に呼ばれている川崎U-18の宮代大聖と三菱養和ユースで栗原の先輩にあたる中村敬斗のふたり。
 
 前者は、この年代で屈指のキープ力を誇る。また、オフ・ザ・ボールの動きも見事。川崎U-18の今野章監督は「『収める』『運ぶ』『パス』『シュート』を高いレベルで備える万能型。来年からでもトップチームに絡める」と才能を高く評価する。
 
 後者は、洗練されたシュート技術を武器にする。12日に行なわれたU-17北信越選抜との練習試合(35分×2本)では、2本目に出場してハットトリックを達成。ハイパフォーマンスで周囲の度肝を抜いてみせた。
 
 そして、この合宿こそ招集外となったものの、スプリンタータイプのC大阪の山田寛人や横浜ユースの棚橋尭士も面白い存在だ。ともに昨年のU-16アジア選手権のメンバーであり、ワールドカップ出場を決めた準々決勝・UAE戦で出番をもらっている。
 
 栗原と同じ学年であり、「トップチームでの活動を優先させた」(森山監督)ために招集を見送った久保建英(FC東京U-18)の存在を忘れてはならない。5月に開催されたU-20ワールドカップにも飛び級で招集された逸材であり、能力の高さはもはや説明不要だろう。
 以上の面々を見ると、高さや強みを前面に出すタイプがU-17日本代表には欠落している。「中村、山田、棚橋、久保にはないボールの収まりがある」(同監督)と評される宮代は179センチ。世界を相手にしたエアバトルでは後手を踏むことが予想される。
 
 だからこそ、“新オプション”として栗原を試してみたかったのではないか。海外選手にも負けない体躯、しなやかでバネの効いたジャンプ。「そこを評価してもらったと思っている」とは、本人の口から出た選出理由の推察だ。
 
 ただし、12日の午前練習と午後の練習試合(栗原は1本目に出場した)を確認するに、アピールには失敗した印象も残る。ピッチには「ジュニア!」という指揮官の声が響き、その都度やるべきプレーを指示されていた。栗原が反省する。
 
「U-16日本代表と同じようなトレーニングなんですけど、質やスピード感が全然違う。自分ではまったく通用しない、ということがよく分かった。ひとつ上のレベルを体感できたのは、これからに非常に役立つと思います。
 
 この合宿では『ボール保持』をテーマにしていて、練習試合では立ち上がりから丁寧なパス回しを全体で意識していました。そのなか、収めてほしい場所で自分がボールロストをしてしまっていた。高さでも『新しい武器』と呼べるようなものを示せなかったです。
 
 そこで負けたら自分がピッチに立っている意味がなくなってしまいます。前の選手がキープすることで全体を押し上げられ、よりスムーズなパス交換をできるはず。オフ・ザ・ボールの動きの質も足りませんでしたけど、何よりも起点になり切れませんでした」
 
 豪快なヘディングでゴールネットを揺らしたが、それだけでは心は晴れない。「ドフリーだったので」と大きく喜びもしない。プレー精度、状況判断、その他多くのものが自分には足りない。それを理解した。そして、求められているものも再確認できた。
 
「ワールドカップのメンバーに選ばれるための、自分にとってのラストチャンスだと思っています。身長があるので、それを生かしたプレーを改めて表現したい。謙虚に、そしてインパクトを残せるように頑張ります」
 
 インドに行ける可能性は高くないかもしれない。それでも、飛び級での世界挑戦を諦めたくない。15歳が放った言葉や立ち振る舞いには、強い覚悟が滲み出ていた。
 
取材・文:古田土恵介(サッカーダイジェスト編集部)