クレイジーケンバンドと宮藤官九郎、番組MCリリー・フランキーと仲里依紗

 クレイジーケンバンドが28日に、NHK BSプレミアムの音楽番組『The Covers』にゲスト出演する。メンバー11人がトークコーナーに初登場し、普段よりもさらににぎやかに語り合う。また、脚本家で俳優、ミュージシャンの宮藤官九郎と「タイガー&ドラゴン」で初コラボを果たす。

 今年結成20周年を迎え、番組最多出演を誇る彼らが、トークコーナーにも11人のメンバー全員がずらり初登場。迫力の画柄で届ける。さらに、彼らと縁が深く、脚本家・監督・俳優・ミュージシャンとして活躍する宮藤官九郎を迎えてのトーク、クレイジーケンバンドの大ヒット曲「タイガー&ドラゴン」を宮藤官九郎と
初コラボレーションなど、貴重な内容となっている。

 昭和の歌謡曲を愛する横山剣、宮藤官九郎、MCリリー・フランキーによる濃厚なトークセッションも。クレイジーケンバンドのカバー曲は、横山剣(Vo)が大好きな昭和の歌姫・欧陽菲菲のデビュー曲「雨の御堂筋」。

 彼女のダイナミックでエキゾチックなパフォーマンスを、クレイジーケンバンドならではのアレンジで披露。横山は、宮藤官九郎が所属するバンド「グループ魂」にも「欧陽菲菲」というタイトルの楽曲を提供するほどの“菲菲好き”。そんな彼が独特の感性で語る、彼女の魅力にも注目。

 もう1曲のカバーは、『警察メドレー』と題し、昭和の刑事ドラマの主題歌を2曲のメドレーで披露する。楽曲は、1972年から放送居され、その内容・テーマ曲ともに一世をふうびした伝説の日本テレビ系刑事ドラマ『太陽にほえろ!』のテーマ曲、そして、1980年放送、歌手で俳優の杉良太郎が主演を務め、話題を呼んだフジテレビの刑事ドラマ『大捜査線』の主題歌「君は人のために死ねるか」。杉自身が歌唱・作詞を手がけ、“台詞”と“唄”で聴かせる、秀逸にして斬新な名曲だ。クレイジーケンバンド自身が刑事ドラマの主人公さながらに、魅せて、聴かせる。

 刑事ドラマや音楽をこよなく愛する宮藤も「これは物凄いですね!」と絶賛している。そして、『クレイジーケンバンド結成20周年SPメドレー』と題した、番組でしか観られないオリジナルメドレーも。

 20年の歩みと彼らの魅力をギュッと凝縮したライブ感溢れるパフォーマンスは必見。彼らの大ヒット曲であり、宮藤官九郎が脚本を手がけた人気ドラマのオープニングテーマにもなった「タイガー&ドラゴン」の初セッションも。クレイジーケンバンドの演奏に、宮藤がギターで参加する初めてのコラボレーションとなった。

 トークでは、NHK朝の連続テレビ小説『あまちゃん』ほか数々人気作脚本を手がける宮藤がクレイジーケンバンドにカバーしてもらいたい「昭和の歌謡曲 」を紹介。さらに、これまでの『The Covers』で披露されたクレイジーケンバドの「名曲カバー集」も。

番組情報

『The Covers』
NHK BSプレミアム
放送日時:28日 夜10時〜夜10時59分

MC:リリー・フランキー、仲 里依紗
ゲスト:クレイジーケンバンド
スペシャルゲスト:宮藤官九郎