3月にNHK・Eテレ『おかあさんといっしょ』の11代目うたのお兄さんを卒業した“だいすけお兄さん”こと横山だいすけ(34)が3日、自身のブログを更新。デビュー曲『さよならだよ、ミスター』(8月23日発売)の歌詞が全文公開となったことを報告し、歌に込めた想いを綴った。

横山だいすけ公式ブログより

 「みんなーーーげんきーーーー!?だいすけお兄さんもーげんきーーーー!!!と、ファンへおなじみの挨拶で始まったブログは「さよならだよ、ミスター」と題し、昨日は8月23日にソロCDデビューすることが発表されているデビュー曲『さよならだよ、ミスター』のミュージックビデオ撮影だったことを明かした。

 また、「インタビュー中に気づいたんですけど、横山だいすけソロデビュー曲なんですね!そしてミュージックビデオってけっこう僕映ってますね…笑…… …………(o_o) ……………事の大きさに改めて気づきました……」とソロデビューすることを改めて実感したようで、驚きの変顔写真も公開。ミュージックビデオの詳細は後日発表される。

 続いて、「今日は大事な発表があります!」と前置きをすると、「なんと7月14日の正午より、歌ネットという歌詞検索サイトで僕が歌う「さよならだよ、ミスター」の歌詞の全文が公開されます!!今日だ!!」と報告。

 本作については、「いきものがかりの水野さんが作詞・作曲を手掛けてくれました。テーマは『親から子への旅立ちのエール』です。子供はいつか必ず親元を離れて自分の足で歩かなくてはいけない時が来ます。その時に、不安を抱えた子供の背中を優しくそっと押してあげる、そんな曲です!」と説明し、なかでも「きみはしあわせになるために生まれてきたんだから」というフレーズが特に好きだと綴った。

 最後には「僕はまだ経験したことないけれど、9年間たくさんのお母さん、お父さんから育児についてお手紙いただきました。今はこうやってブログでみんながメッセージを書いてくれます。育児って、実は楽しいことよりも大変な事が多くて、寝られないし、思ったようにいかないし、自分で全てやらなきゃだし、はけ口がないし…全国のみなさんへ、応援ソングになればという想いで歌いました。この曲は本当に詞が素敵で、この曲に込められたメッセージを一人でも多くの方と共有していけたら、嬉しいです♪」と、歌に込めた想いを明かし、全国の"パパ""ママ"たちへメッセージを送っている。