VIXX ケン、ミュージカル「ハムレット」最後の公演の感想を明かす“一層努力して成長するケンになる”

写真拡大

VIXXのケンが、ミュージカル「ハムレット」の最後の公演の感想を伝えた。

ケンは13日、ソウル新道林洞(シンドリムドン) D-CUBEアートセンターにて開かれたミュージカル「ハムレット」の最後の公演を盛況裡に終了した。初めての公演から、パワフルな歌唱と多彩な演技でミュージカル俳優としてより一層成長したという好評を得たケンが、最後の公演直後、観客、スタッフ、俳優に向けた感謝の挨拶と愛情のこもった感想を残した。

ケンは、「すでに最後の公演だなんて名残惜しい思い」としながら、「『ハムレット』に出演しながら、良い相性で一緒に努力して下さった音響、衣装、舞台、照明、扮装まで、すべてのスタッフの方たちと俳優の方々、そして観客の方々に本当に感謝を申し上げ、愛していると申し上げたい」と明らかにした。

彼は、「作品に出演する間、多くの方々が頑張ってと応援のお言葉を送ってくださり、本当に力が沸いてとても感動した」として、「色々な感情で歌うハムレットを作ってくださって感謝し、ミュージカル俳優としてもより一層努力して成長するケンになる」と話した。

世界的な劇作家シェークスピアの名作「ハムレット」を若い感覚で描き出したミュージカル「ハムレット」で、主人公ハムレット役を務めたケンは、観客から“ケンリット”という愛称を得て人気を得た。特に、ハムレットの幅広い感情の動きと爆発する感情を心のこもった演技とよどみない歌唱力で演じた彼は、これまでの作品とはまた異なる新しい演技を作り出した。

ミュージカル「チェス」(2015)、「シンデレラ」(2015) に続き、「花より男子 The Musical」(2017) を通じて成長を繰り返してきたミュージカル俳優ケンのソフトなイメージから圧倒的な魅力まで盛り込まれた「ハムレット」が連日注目をあびる中で、「ハムレット」ソウル公演は23日まで上演される。