劉暁波氏の死去を受け、中国・香港の中央政府駐香港連絡弁公室に設けられた記帳台に書き込む人(2017年7月13日撮影)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】中国外務省は14日、同国の民主活動家、劉暁波(Liu Xiaobo)氏の死去をめぐり、同氏へのノーベル平和賞(Nobel Peace Prize)の授与は「(平和賞に対する)冒とく」だと批判した。

 外務省の耿爽(Geng Shuang)報道官は定例の記者会見で、中国は「司法に関する主権」に干渉する「いくつかの国」に対して抗議を申し立てたと述べ、「このような人物に賞を与えることは賞の意図に反する。平和賞に対する冒とくだ」と語った。
【翻訳編集】AFPBB News