ドルトムント監督、教え子の悲報に衝撃 試合中に倒れ脳に損傷「ショックを受けている」

写真拡大

アヤックスMFヌリが心臓の不整脈で緊急搬送 ボス監督は昨季まで指導

 アヤックスMFアブデラク・ヌリが試合中に心臓の不整脈で倒れ、脳に重大な損傷があると発覚した。

 昨季までアヤックスを率いていたドルトムントのペーター・ボス新監督も教え子の悲報に衝撃を受けている。

 ヌリは8日に行われたブレーメンとのテストマッチの最中に心臓が不整脈を起こし、ヘリコプターで病院へ緊急搬送された。その後は安定した状態と伝えられていたが、その後の診断で脳に重大な損傷があることが発覚。回復は難しいとされる深刻な事態となっていた。

 ドルトムント公式ツイッターはアジアツアーの一環で日本へ向かう直前に取材に応じるボス監督の様子をレポート。そこでヌリの話題についてコメントを残した。

「ショックを受けている。(ヌリは)選手としてだけでなく、一人の人間として素晴らしい男だ」

 ボス監督は昨季まで指導した教え子の悲劇に肩を落としている。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images