制服姿の菊地亜美、寺田心くんと(画像は『菊地亜美 2017年7月13日付Instagram「先ほどMAXテンション上がった出来事が」』のスクリーンショット)

写真拡大

タレントの菊地亜美が7月13日、子役の寺田心くんと久々に会えた喜びを『菊地亜美 amikikuchi0905 Instagram』で明かしている。なにしろツイッターのヘッダー画像に“寺田心”とのツーショットを使い、プロフィール紹介で「子供が大好きです。心くん推し」というほどのファンなのだ。その彼女が「先ほどMAXテンション上がった出来事が」とつぶやき、号泣の絵文字で感激を表現した。

楽屋でメイクをしているとドアをコンコンとノックする音があり、「あみお姉ちゃんいますか?」と天使の声がしたという。彼女は「心くんに何か言われるだけで心打たれる」と言いながら、「天才子役寺田心くんはちゃんと私の前でも仕事してくれました(笑)」と認めつつメロメロだった。

たとえ寺田心くんが演じていたとしても十分に癒されるのだろう。アイドリング!!!でアイドルとして活躍した彼女にはそんな気持ちも理解でき、それをひっくるめて大好きなのだ。

2011年、3歳の時に芦田愛菜に憧れて芸能界に入った寺田心くん。2015年にはTOTO『ネオレスト』のCMに出演して「バイキンの親子・ビッグベンとリトルベン」シリーズが話題となった。ドラマや映画でも活躍しており、NHK大河『おんな城主 直虎』では後の井伊直政となる虎松の幼少期を演じた。

今では9歳となるがバラエティ番組でも自分の意見をハッキリ主張できる彼は、芦田愛菜をはじめとする“天才子役”の主流と言えるだろう。菊地亜美とトークするところも見てみたいものである。

画像は『菊地亜美 2017年7月13日付Instagram「先ほどMAXテンション上がった出来事が」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 真紀和泉)