「七日の王妃」ヨン・ウジン、コ・ボギョルに憤慨

写真拡大

※この記事にはドラマのストーリーに関する内容が含まれています。
ヨン・ウジンはパク・ミニョンが密旨の女性であることを知っていた。

昨日(13日) 韓国で放送されたKBS「七日の王妃」では、ミョンへ(コ・ボギョル) がチェギョン(パク・ミニョン) の召使いとして入ってくる姿が描かれた。ヨク(ヨン・ウジン) は慈順大妃(チャスンデビ:ト・ジウォン) のところを訪れ「ミョンへを連れて行け」と憤怒する。

ミョンヘは入浴しているチェギョンを盗み見しているところをヨクにばれ、ヨクは「どうか出て行ってくれ」とミョンヘに頼む。ミョンヘはチェギョンが密旨の女性であることを明かし、ヨクはすでにソノ(2PM チャンソン) の父にその話を聞いたと言う。

二人を見ていたチェギョンはヨクの話にショックを受けた。