楽童ミュージシャン、20日にカムバック決定!コンセプトに関心集中

写真拡大 (全2枚)

兄妹デュオの楽童ミュージシャンが、20日に「思春期 下巻」以来6ヶ月ぶりにカムバックする。

YG ENTERTAINMENは本日(14日)、公式ブログとSNSを通じて楽童ミュージシャンの英語の活動名「AKMU」とカムバック日の「JULY 20」という文字が書かれた2種類の予告イメージと映像を公開し、カムバックのニュースを伝えた。

公開されたイメージと映像は神秘的な雰囲気を演出し、今回のニューアルバムを通じて一風変わったコンセプトを披露することを予告している。うっそうとした森で鏡を持って顔を隠している予告イメージと、茂みから腕を伸ばした予告イメージは、楽童ミュージシャンの純粋でピュアな従来のイメージとは全く違うムードを放っている。まるで恐ろしくて奇怪な怪奇シリーズのようなコンセプトであると音楽ファンは予想している。

楽童ミュージシャンは今年1月、YGの今年の最初の走者としてアルバム「思春記 下巻」をリリースし、真冬に合ったヒーリングソングをプレゼントした。

特にタイトル曲「長い日、長い夜」は公開直後、韓国の主な音楽配信チャートで1位を記録し人気を博した。

なお楽童ミュージシャンは全国ツアーコンサート「日記帳」を開催中であり、15日には昌原(チャンウォン)、22日には高陽(コヤン) での公演を控えている。