チェ・テジュン、チュウォンら所属のファイブラザーズと専属契約を締結

写真拡大

俳優チェ・テジュンが新しい所属事務所に移籍した。チュウォンなどが所属しているファイブラザーズだ。

本日(14日)、ファイブラザーズコリア側は「チェ・テジュンと専属契約を締結した」とし、「チェ・テジュンは幅の広い演技力で、多くの人から愛されている。多大な支援の中で俳優人生の第2幕を一緒に切り開く」と明かした。

ファイブラザーズコリアの関係者は「チェ・テジュンは多数の作品で様々な姿で活躍し、2017年を代表する好感が持てる俳優となった」とし、「体系的なマネジメントシステムを持つファイブラザーズコリアに安着し、活動を続けていく」と期待を表した。

これまでに、チェ・テジュンはドラマ「ミッシングナイン」「オクニョ 運命の女(ひと)」「お願い、ママ」「匂いを見る少女」、映画「エクリプス」「ペースメーカー」など多数の作品に出演し、俳優としての地位を固めた。

特に韓国で今年の前半に放送された「ミッシングナイン」で、チェ・テジュンは連続殺人犯チェ・テホ役に扮し、歴代クラスのサイコパスを完璧に演じ、“人生キャラクター”を完成させた。最近放送終了した「怪しいパートナー」では、愛情に飢えた弁護士チ・ウニョク役を演じ、ブロマンス(男同士の友情) ケミから純愛までしっかりと演じた。

ファイブラザーズコリアにはキム・ユンソク、ユ・ヘジン、チュウォン、キム・オクビン、イ・シヨン、イ・ドンフィ、パク・ヘス、イム・ジヨンなど多数の俳優が所属している。マネジメントだけでなく、ドラマと映画制作、流通事業など様々なコンテンツ制作にも力を入れている。