AbemaTV(アベマTV)にて7月13日に放送された、極楽とんぼの加藤浩次と山本圭壱がMCを務める『極楽とんぼKAKERUTV』(毎週木曜日21時〜22時)で、元プロボクサーでタレントの亀田興毅の演技が絶賛された。

 この日は「着ぐるみの中を全員当てたら100万円」という企画が開催。着ぐるみの中に有名人が入っており、誰が入っているかをすべて当てたら視聴者に100万円が当たるという内容で、サル、トラ、パンダ、犬のそれぞれの着ぐるみに身を包んだゲストが登場。亀田もその一人として自身だと見抜かれないような演技に努めた。

 まずは、別室で4名の着ぐるみたちが行動する様子を加藤とアシスタントMCを務めるパンサーの向井慧が観察。仮説を立てる段階で、加藤は亀田の入った着ぐるみを「女子」だと言い切った。向井も「女性な気がする」と予想し、視聴者からも「女性の可能性がある」という声が寄せられていた。ヒントタイムでも「4人の中で1人だけ女性がいる」というヒントが出され、加藤と向井は「じゃあ、確実だ」と亀田を女性だと確信。

 次に、スタジオに4体の着ぐるみが入り、自己紹介タイムというコーナーが設けられた。亀田は「私、あははははは。近畿地方です(出身)。あはははははは。結婚しています」と笑いながら発言。これを受けて加藤は「結婚してる!女性で結婚している!」とコメントした。

 そしていよいよ正解発表のとき。加藤は亀田の扮した着ぐるみを元バドミントン選手の小椋久美子と予想。しかし、着ぐるみを外した瞬間に亀田が登場すると、加藤も向井も呆然とした様子に。向井は「え!え!なんで女性だと思ったんだ」と動揺し、加藤も「すげ〜女の子だったもん。すげ〜!」と驚きを隠せない様子だった。

 エンディングを迎える直前まで、加藤は「だって女性に見えたもん。動きとか」と亀田の演技に対して感嘆の声をもらし、亀田自身も「女性に徹しようと思って。脚を内にしたりとか」と工夫をしていたことを明かした。

(c)AbemaTV