インド北部の高原都市シムラで、雨の中を歩く人たち(2017年5月26日撮影、資料写真)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】インド北部ヒマチャルプラデシュ(Himachal Pradesh)州のシムラ(Shimla)近郊で、少女(16)が集団レイプの被害に遭った末に殺害される事件があり、地元警察は13日、主犯格とみられる男(29)を逮捕した。高原リゾートとして知られるシムラ一帯でこうした残忍な事件が起きるのは珍しく、住民らに衝撃が走っている。

 少女は森の中で全裸の遺体で見つかり、体には打撲の痕があった。2日前に、学校からの帰り道に拉致されたとみられている。検視の結果、集団レイプされ、絞殺されたこと分かった。脚を骨折するなど重傷を負っていたという。

 ヒマチャルプラデシュ州は性暴力の発生率がインドで最も低い州の一つで、今回の事件に地元では悲しみや怒りが広がった。

 州警察当局によると、逮捕した男は薬物依存症で他の性的暴行事件にも関わっている可能性がある。捜査には協力しているという。今後さらに共犯者が逮捕される見通し。

 インドでは毎年4万件以上のレイプ被害が報告されている。ただ、訴えの処理のされ方に対する不信感や性犯罪を社会的不名誉とする風潮から、被害者が名乗り出ないことも少なくないため、実際の被害ははるかに多いとみられている。
【翻訳編集】AFPBB News