アニメ・漫画・自動車・バイク・パソコンなど幅広い趣味を持っている、人気ロックバンドGLAYのギタリストHISASHI。

GLAY・HISASHIとはたびたび会う機会があり、彼の趣味の幅広さを熟知していたニッポン放送アナウンサー吉田尚記。

そんな2人が、7月12日にリリースされたGLAY待望のニューアルバム『SUMMERDELICS』を機に繰り広げた熱い対談を、全4回でお送りする。

第1回 HISASHI「デロリアン、始めちゃったんです」

第2回 HISASHI「民泊はありだね!」

第4回 HISASHI「ニューアルバムは、2年半のGLAYの歴史なんです」

ニューアルバム「SUMMERDELICS」発売記念対談
「GLAY・HISASHI × ニッポン放送・吉田尚記」第3回

■ 「SUMMERDELICS」を語る

面白いこととの出会いはいつも必然的

吉田:
ところで、面白いものを探す時に何を基準にしますか?

HISASHI:
別に面白いものはわざわざ探してないかも。でも面白い人とは必然的に会う気がする。人が人を呼ぶというか…。

吉田:
そうですよね。コラムニストの吉田豪さんと『生ハムと焼うどん』の東理紗と街で偶然会ったそうですね。

HISASHI:
うちの近所でロケやってて、声をかけようか迷った…結局かけなかったけど(笑)

吉田:
会ったら確実にHISASHIさん、吉田豪さんにめちゃくちゃいじられたでしょうけどね(笑)

HISASHI:
一番好きそうなネタがやってきた(笑)

吉田:
よかったですね気が付かれなくて…。

HISASHI:
そのほか漫画家の清野とおるくんとは赤羽つながりで会ったりして…ディープな話題って面白いよね。

吉田:
出会おうとしてなくても出会えるようになったのは、昔からですか?

HISASHI:
出会った人を面白く思うかどうかだと思うんだよね。清野くんとは赤羽駅で待ち合わせしてたんだけど、すっげ〜遅れちゃったなと思って行ったところ、ある青年が近づいてきて「GLAYのHISASHIさんですか?」って声をかけられて「そうなんだけど、いま清野くん探してて…」っていったら「僕です!」って(笑)!!

吉田:
アハハハハ!!

HISASHI:
なんか変な人だと思ったのが出会い(笑)

そんなところから、よく赤羽で飲んだりするようになった。

普通ぽいなって思う人でも、話していると「普通じゃないな」みたいなことってあるじゃない。そこを引き出すか引き出さないかだと思うんだよね。面白がるか面白がらないか…。だからきっかけはたくさんあると思うんだよ。

吉田:
そういう人が次々現れちゃう人生なんですね…。

HISASHI:
いや俺はそれほど次々は現れてないけどね(笑)

■ 「SUMMERDELICS」を語る

いまの時代はすごく自分たちが望んでいた世界になった

吉田:
ところでHISASHIさん。キャリアとしては今年で何年といえばいいんでしょうか?

HISASHI:
デビュー23年目。デビュー前も入れれば今年が30年目になりますね。

吉田:
HISASHIさんを取り巻く環境は、最初のころといまでは大きく違うんですか?

HISASHI:
全然違うかもしれない。中学校のころマイコンブームがあった。それがファミコンになり、さらにそれがAppleコンピュータになり、Macと出会い…みたいにすべてがつながっている。

その中で自分がしっくり来るツールがどんどん変わって「ここまで変わるか!?」くらい変化したんだよ。

吉田:
しっくりくるツールが変わる…。

HISASHI:
インターネットのインフラが整うまでに、これだけ時間がかかったってことかな。自分の作ったものを発表したいオタクたちはたくさんいる。それがいまではすごく自由にできるようになった。

ぼくにとっては96年から始まって、いろいろな時代を経て、まさか自分が発信する側になるとは思ってもみなかった。

吉田:
いままではメジャーからデビューしないと何百万人単位の人たちに聞いてもらう方法がなかったのが、いまでは自分で作ってアップロードするだけで何百万人に聞いてもらえる時代になりましたからね。

HISASHI:
才能を開花できなかった人たちの中から、悔しい思いをしてきた人もネットで知ってもらえるようになった。

実際僕らもそうで、たくさんの人に聞いてほしいと思っても、ダイレクトメール送った人の1割くらいしか反応しなかった時代がずっとあって…最初のころなんかプリントゴッコで作ってた。

吉田:
個人用のプリンターすらなかった時代ですね。

HISASHI:
ダイレクトメールを送るのもお金がかかるじゃない。送っても来ないんだ…。でもいまや全く変わったよね。むしろ聞こえすぎる、見えすぎるという難点すらあるくらいかもしれないけど、いまの時代はすごく自分たちが望んでいた世界だと思う。

■ 「SUMMERDELICS」を語る

GLAYという大きくなりすぎた実体を壊せるのはGLAYだけなんだ…

吉田:
GLAYはいまや日本最大級のロックバンドになりました。でもほかのバンドと大きく違うのは、ほかのバンドは「ここまでやってきました、だからこれをやり続けます」というのが多いのに、今回のアルバム『SUMMERDELICS』を聞いて、改めて、GLAYは同じことは絶対やらないと思いました。

CDショップの試聴機で1曲目の『シン・ゾンビ』を聞いたらすごいびっくりするんじゃないかな。「GLAYが太鼓の達人始めちゃったよ」って(笑)

HISASHI:
アハハハ(笑)

「シン・ゾンビ」ミュージックビデオ

吉田:
あれをディレクションできる人はいないと、メンバーからしか絶対できない演出だと思ったんです。

HISASHI:
まさにそのとおり!!
GLAYという大きくなりすぎた実体を壊せるのはメンバーの中からしかできないってことなんだよね…。

吉田:
壊したいんですか?

HISASHI:
壊したい…もっとGLAYを面白く、楽しく演出して欲しいんだよ。だから壊してくれるメディアとかが大好きで、たまにやりすぎるところもあるけど(笑) 面白さの範囲に入っていればよい!!

でもGLAYが大きくなりすぎているという実体は誰にも壊せないんだよ。

吉田:
僕らは、アニメ紅白(2月5日 代々木体育館)に出てもらえないかっていう時、どういう風に頼もうかってスタッフと悩んで、失礼のないようにしなくちゃいけない、でも絶対面白がってもらえるんじゃないか…そしてオファーした。

HISASHI:
メール一発で「いいよ!!」になったね(笑) ミュ〜コミの生放送に出た時から、(アニメ紅白は)やってみてもいいなと思ってた。そういう新しい場で出会った人たちからインスパイアされることがとても大きいからね。

吉田:
その節はありがとうございました。

HISASHI:
そういうことやってると、どんどん必然的に人とつながっていくんだなって…。

気になる対談は最終第4回へ。最後もニューアルバム『SUMMERDELICS』の魅力に迫る。

取材・文:allnightnippon.com編集部 土屋夏彦
写真:allnightnippon.com編集部 平沼寛史

GLAY 14th ALBUM「SUMMERDELICS(サマーデリックス)」、2017年7月12日発売!

■CD only盤/¥3,000(本体)+税
品番: PCCN.00028

■CD+2DVD盤/¥5,000(本体)+税
品番: PCCN.00027
・DVD/Single Track Only Live @函館アリーナ

■5CD+3Blu-ray+ グッズ盤 (G-DIRECT限定Special Edition)¥22,963(本体)+税
品番:LSGC-0002

◆豪華BOX仕様

シン・ゾンビ (Written & Composed by HISASHI)
※太鼓の達人タイアップソング微熱Ⓐgirlサマー (Written & Composed by HISASHI)
※コンタクト専門店アイシティ 2015年夏のキャンペーンCMソングXYZ (Written & Composed by TAKURO)
※Red Bull Air Race Chiba 2017テーマソング超音速デスティニー (Written & Composed by HISASHI)
※テレビアニメ「クロムクロ」第2クールオープニングテーマロングラン (Written & Composed by TAKURO)
※北海道マラソンオフィシャルソングthe other end of the globe (Written by TERU/TAKURO Composed by TERU)
※MBS/TBSドラマ「ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん」主題歌
※レコチョク 2017年7月TVCMタイアップソンデストピア (Written & Composed by HISASHI)
※テレビアニメ「クロムクロ」第1クールオープニングテーマHEROES (Written & Composed by TERU)
※テレビ東京系アニメ『ダイヤのA -SECOND SEASON-』オープニングテーマ
※テレビ神奈川 第97回全国高等学校野球選手権神奈川大会中継テーマソングSUMMERDELICS (Written by TAKURO Composed by JIRO)
※TBS系テレビ「王様のブランチ」2017年7月度エンディングテーマ空が青空であるために (Written & Composed by TERU)
※テレビ東京系アニメ「ダイヤのA -SECOND SEASON-」オープニングテーマScoop (Written by TAKURO Composed by JIRO)
※テレビ朝日系「お願いランキング」2016年1月度エンディングテーマ聖者のいない町 (Written & Composed by TAKURO)
※BSテレビ曲ディーライブ 2017年10月新ドラマ エンディング曲Supernova Express 2017 (Written & Composed by TAKURO)
※JR北海道・北海道新幹線開業イメージソングlifetime (Written & Composed by JIRO)オールナイトニッポン.com

日本一有名なラジオ番組オールナイトニッポン。話題のニュースやラジオの番組情報、オリジナルコンテンツを揃えています。
⇒オールナイトニッポン.com 公式サイト