出典:(c)TBS

人情モノもあれば、人探し、殺人事件、超常現象、恋愛相談、徳川埋蔵金探しまで!

豪華俳優陣で送るまさに“ジャンルレス”な新感覚探偵ドラマが登場!

 

■第1話の見どころ

島耕作シリーズでお馴染みの弘兼憲史の名作を瑛太主演でドラマ化!

人情モノもあれば、人探し、殺人事件、超常現象、恋愛相談、徳川埋蔵金探しまで、まさにジャンルレスな展開を見せていく新感覚探偵ドラマです。

東京都の板橋区、下赤塚にひっそりと佇む『あかつか探偵事務所』。

お気楽所員のゴローとグレのもとに、川田という男が尋ねてきます。依頼内容はなんと、交通事故で亡くした娘を探してほしいというもの……。

普通であれば門前払いされそうな無茶な依頼ですが、人情とおせっかいがモットーの赤塚探偵事務所の面々は、この依頼を引き受けることに。

果たして、ゴローとグレは依頼人の願いを叶えることができるのでしょうか!?

 

■第1話のあらすじ

東京都の板橋区、下赤塚にひっそりと佇む『あかつか探偵事務所』。お気楽所員のゴロー(瑛太)とグレ(森田剛)は、事務所の下にあるスナック『輝』(キララ)にて、今日ものん気にバイトの萌美(片山萌美)にちょっかいを出す日々。

そんな時、天井からドンドンと音が響きます。さらに三回ドンドンドンと響き、イコール依頼の合図だと気付いたゴローとグレは、急ぎ事務所へ。

昼間から酎ハイを片手に持った所長のかほる(山口智子)に悪態をつかれながら迎えられ、二人は事務所に尋ねてきた依頼主のもとへ。

そこで依頼主である川田(伊藤淳史)から、交通事故で亡くなった娘を探してほしいと無茶な依頼が……。

聞けば、娘と一緒に事故に遭い、生死の境をさまよっている妻のために、娘とそっくりな子を探して一目会わせてあげたいというのです。

同情したゴローたちはその依頼を受け、知り合いのテレビ局員に手を回し、子役のオーディションを始めることに。

 

金曜ドラマ『ハロ張りネズミ』は7月14日(金)21:00〜放送です。

【関連記事】

※ 花沢類の再来!? 逆モノマネを披露した小栗旬、吉沢亮の顔をベタ褒め!

※ 瑛太、土下座で懇願「日本中の皆様、ぜひ見てください!」

※ 森田剛、瑛太の猛烈ラブコールに「一緒に住める」

※ 窪田正孝、原作者から似顔絵をプレゼントされ「本当に感謝しかない」

※ 天才(!?)俳優・坂口健太郎が「愛してる」意外なものとは…

※ 最高の夏を楽しむために。大人女子が今から始めておきたい3つのコト(PR)