便所で作ったと思えない出来栄え。さあ召し上がれ

写真拡大

「本因坊はん、うちでメシ食わへん? うまいもん作ったるから」

 カンボジア・プノンペン在住で筆者の友人、本因坊(仮名)。

 ローカル・リサイクル業者から大量の古紙を仕入れ、屑紙の山からアメリカ大使館が廃棄したホテルの領収証などを拾い上げ、分別・収集するのが趣味……という立派な変人だが、今回の『日本を棄てた日本人』の主役は彼ではなく、そんな彼を食事に誘ったSという男である。

◆カンボジアのスラム在住・便器の上で魚をおろす暗黒の包丁人〜日本を棄てた日本人〜

 日本社会に収まらない。暗く重たい十字架を背負った関西出身のS(34)は、プノンペンに住みだして早10年目。かつては日本の飲食店で包丁を握っていたが、現在は某旅行会社の現地ガイドとして働いている。だが、某有名女優がプノンペンを訪れた際、忘れ物チェックの名目でチェックアウト直後の部屋に入り込み、タオルやら布団の臭いを嗅ぎまくったというマニアである。

 生まれ育った尼崎では、虫や蜘蛛の巣だらけの側溝に一日中隠れ潜み、行き交う女性の股の間を下から盗み見るのが日課だった。

 つい何年か前、側溝から女性の下着を盗撮した男が同じ県で逮捕され、ネットでド変態扱いされていたが、順番で言えばSのほうがぜんぜん先輩だったりもする。

 冷戦時代なら、特殊部隊や情報機関からスカウトされてもおかしくない、特殊な潜行能力を持つS。しかし彼は今もなお、カンボジアのスラム街でくすぶっている。

「僕、いつもローカル食堂でひとり飯なんで、調理師だったSさんの手料理、興味あるんですよ……」

 そう語る本因坊のもとに「良い魚が手に入った」とSから知らせが入った。貧民街の細い路地を何度も何度も曲がり、賭けトランプに興じる老人の集団を飛び越えた先の、じめじめしたモルタルの平屋がSの家だ。

 本因坊を迎えたSは、さっそく市場で買ってきた鮮魚を披露した。鯛によく似た正体不明の魚。「刺身にするとうまい」と言うが、白く濁った目玉が不気味だった。

「ほな、いくで」

 いきなりズボンを脱ぎ、パンツ一丁になったSが、まな板を抱えトイレへ入った。

「???」

 声をかける隙もなく、もの凄い勢いで便座の上にまな板を固定。呆気にとられる本因坊が見守るなか、まな板に魚をのせると、iPadほどもある中華包丁で思い切りよく、ガツン、ガツンと謎の魚をバラしてゆく。

⇒【写真】はコチラ https://nikkan-spa.jp/?attachment_id=1359054

「トイレでやるのが一番合理的なんや。 魚のいらんところとか、そのまま便器に流せるやろ?」

 なまくらな中華包丁は切れ味が悪く、便座の上に置かれたまな板は何か一動作するたび激しくスライド。それを見守る本因坊の心臓も激しくスライドする。

 Sは黙々と鱗をとり、皮を剥ぎ、身を三枚におろした。工程の合間合間に、便器の横にあるバケツの水を魚にぶっかける。洗っているのか汚しているのかわけがわからないが、たぶん洗っているのだろう。

 ここまで荒々しく何もかも見せられた日には、どこから突っ込んでいいかもわからず、もはやあきらめるしか無い。

 それでも……。目の前に盛り付けられた白身の刺身を眺めていると、DNAレベルでふつふつと食欲が湧いてしまう。これ、日本人の悲しい性なのかな。

「食べてええよ」

 便器でドスドスぶった切り、便所のバケツで洗った謎の刺身……。正面でニコニコ、反応を窺うSを失望させるわけにはいかなかった本因坊。えい、ままよ!と、(毒消しに)たっぷりワサビを塗った切り身を次々と口に放り込み、完食したのだった。

 緊張のあまり、味わうより飲み込むほうに一生懸命だったそうだが、とりあえず刺身的な味はしたという。

 食べ終わった直後にSの発した「ギリギリやったわ」という言葉に目まいを覚えた本因坊。幸いお腹は無事だったそうだが、アジアに住んで十数年。皆さんの胃腸とは基本スペックが違うので、参考にはしないでほしい。

 カンボジアには、私たちの常識を覆すような、日本を棄てた日本人がまだまだいる。

【クーロン黒沢】
東京生まれ。90年代からアジア(香港・タイ・カンボジアなど)、洋ゲー、電話、サバイバル、エネマグラ等、ノンジャンルで執筆。強盗・空き巣被害それぞれ一回、火事・交通事故(轢き逃げされた)各一回、その他、様々なトラブルを経験した危機管理のプロ。現在は人生再インストールマガジン『シックスサマナ』発行人。同名のポッドキャストも放送中。

<取材・撮影・文/クーロン黒沢>