競艇場に出没する“裏ビデオ販売員”の正体「エロはみんな好きですからね」

写真拡大

「社長、スケベ好き?ええのあるよ」

 兵庫県在住の松川さん(仮名)は、大阪市内の競艇場で見知らぬ男から声をかけられた。前レースで得た1万円ほどの舟券を換金し、日本酒と焼き鳥でささやかな祝杯をあげていたタイミングだった。ほろ酔い気分の松川さんのスケベ心を読み取ったのか、男は松川さんの腕を掴み、ボートのエンジン音が轟く屋外へ連れ出した。

「裏ビデオの販売ってあったでしょう? 昔、路上でいきなり『買わんか』って持ちかけられるっちゅーヤツ。アレの現代版なんですわ。小さなメモリーカードっちゅーんですか? アレをスマホに挿せば、スケベなビデオが見られるというんですけどね。ナンボかって……1万円くらいするんです」

 松川さんが男に見せられたのは「熟女 廖崕禄◆廖嵬に歓諭廖崕子大生」「女子高生」「昭和スター」などといった手書きのメモ。男は自身のスマホを取り出すと、松川さんに「サンプルだ」と見せつけた。

「そりゃもう……(笑)。美人のネーちゃんがモザイクなしでセックスしとるから、こりゃええわい! なんて盛り上がっちゃいましてね。1万円渡すと封筒をひとつ渡されて、なかには小指の爪ほどのサイズのカードが入っとりました」

◆競艇場を中心に暗躍する「裏ビデオ販売員」の正体

 じつは現在、関西地方の競馬場や競艇場、オートレース場で「裏ビデオ販売員」が密かに活動しているのだという。

 関西在住の現役販売員は、筆者の電話取材にまったく悪びれることもなく話す。

「エロはみんな好きですからね。ギャンブルで勝ち、しかも酔っ払っている連中が、エロに飛びつかんわけがない。ええシノギや思いませんか。アガリ? そんなもん、おたくにいう義務ございませんやろ。まあでも、ええ生活はさせてもらってます(笑)」

 そんな裏動画ファイルの製造や販売に関わっているとされるのは、中部地方に拠点を置く指定暴力団傘下の組員や、偽装破門によって生み出された半グレだと言われている。

 実際に松川さんが購入した「熟女◆廚箸い作品集が入ったミニSDカードを見せてもらうと、たしかに熟女をテーマにした無修正の裏動画作品が5本閲覧できるようになっていた。妙に画質も良く、タイトルも作りこまれていたが……。よく見ると、ネット上の違法サイトにあがっている無修正動画ばかりであった。

 ネット上の違法サイトにアップされた動画をさらに違法ダウンロードし、1000円程度で購入できるミニSDカードに入れて売る。なるほど、単純計算で粗利は9000円近く。

「違法サイトの動画も違法なんやから、連中がワシらに文句言うてきたってかめへんのです。客も喜んでまっせ。とある場外馬券売場では『兄さん、探しとったんやぞ!』なんて呼び止められたこともある(笑)。“ウィンウィン”のシノギなんやから、外野は黙っとき!」(前出の現役販売員)

 姿形を変えても生き残る、エロへの飽くなき探究心の前に、欲求は法を簡単に超えてしまう。現役販売員は“ウィンウィン”というが、本当に泣いている人はいないのか、困っている人はいないのか……。皆様はどう思われるだろうか?

<取材・文/森原ドンタコス>