@AUTOCAR

写真拡大 (全6枚)

V90、V90クロスカントリー、XC90 マイナーチェンジ

ボルボ・カー・ジャパンは、90シリーズの一部仕様を変更し、本日発売した。

大きなトピックは、90シリーズ全モデルに標準装備される先進安全・運転支援機能「IntelliSafe(インテリセーフ)」に、2つの新機能を追加したことだ。また、LEDデイタイム・ランニングライトも装備された。

オンカミング・レーン・ミティゲーション

「オンカミング・レーン・ミティゲーション(対向車線衝突回避支援機能)」は、対向車が接近しているときに、自車が走行車線から対向車線へ意図せずはみ出そうとすると、ステアリングを自動操作し正しい車線に戻す支援をする。

・作動速度域:60km/h〜140km/h

ステアリングアシスト付きBLIS

「ステアリングアシスト付BLIS(後車衝突回避支援機能付)」は、BLIS(ブラインドスポット・インフォメーションシステム)の進化版だ。他車が自車の死角に入っているとき、または隣の車線の車両が後方から急接近している場合に、車線から逸脱、もしくは方向指示器を使用し車線変更しようとして危険性が高まると、ステアリングを自動操作し車線内に戻すよう支援をする。

・作動速度域:60km/h〜140km/h

上記装備を追加することで、90シリーズ全てにおいて16種類以上の先進安全・運転支援機能が標準装備されることとなった。今回全モデルともにこれらの機能向上を反映し、新価格を設定している。
 

90シリーズ 各モデルの変更点は?

今回の一部変更をモデル別にみていくと、V90 T6 AWDインスクリプションは、
・アルミホイールが新デザインに
・タイヤサイズが(255/35R20から)255/40R19に
変更となった。

さらに「V90 T8ツインエンジンAWDインスクリプション」では、従来オプション設定だった「電子制御式リア・エアサスベンション/ドライビングモード選択式FOUR-Cアクティブパフォーマンスシャシー」を標準装備とした。

「XC90 T8ツインエンジンAWDインスクリプション」については、充電電力使用時の走行距離が(従来の35.4kmから)40.4kmへと向上。エコカー減税対象車「プラグインハイブリッド自動車」として、
・自動車取得税:免減
・重量税:免税
・自動車税75%軽減
となった。また電子制御式四輪エアサスベンション/ドライビングモード選択式FOUR-Cアクティブパフォーマンスシャシーを標準装備としている。

また90シリーズ全体で、エクステリアカラーには「デニムブルーメタリック」と「パイングレーメタリック」などを追加。インテリアカラーにも新色を追加している。

90シリーズ 新価格は?

新価格は、下記の通り。

V90:6,690,000円〜9,290,000円
V90クロスカントリー:6,690,000円〜8,290,000円
XC90:7,790,000円〜12,990,000円