提供:リアルライブ

写真拡大

 俳優の船越英一郎が妻でタレントの松居一代に離婚調停を申し立てた騒動に絡み、松居が船越の別宅で警報騒ぎを起こしていたことを、一部スポーツ紙が報じた。

 記事によると、2人が完全な別居状態にあった今年4月23日、松居が自宅から徒歩1分の距離にある船越の別宅マンションの室内に入った際に、民間警備会社の警報器が作動。松居は業者を呼ぶなどして解錠したようで、正規の鍵以外で開けたのが原因とみられる。別宅マンションは船越名義で、松居は合鍵を持っていなかったという。

 警備会社はすぐに船越に連絡。船越のスタッフが急行して警備員とともに室内に入ると、誰もおらず、玄関に「私の死に場所はここだと思い開けました」という松居のメモがあった。心配した船越は松居を探し、数日後に生きていると分かって安心。しかし、松居は警報が鳴る中で室内に入り、そこで船越のパスポートとノート、スケジュール帳を発見。船越の不倫などを裏付ける証拠として持ち帰ったが、船越がそのことに気付いたのは、松居がYouTubeに動画を投稿し始めた今月5日だったというのだ。

 「いくら夫婦といえども、別居中なので住居侵入が成立する。船越サイドは離婚調停でこのことを反撃の“材料”として主張するはず。さらに、松居が連日動画を投稿したことなどで、船越のタレント活動に支障が出れば偽計業務妨害罪、社会的評判を下げれば名誉毀損罪、また、プライバシーの侵害による損害賠償も考えられる。松居は仕掛ければ仕掛けるほど不利になるが、どうやらそのあたりを助言できる側近はいないようだ」(芸能記者)

 船越は13日、MCを務めるNHKの生情報番組「ごごナマ」で、夫で俳優の渡辺謙の不倫スキャンダルで渦中の女優の南果歩と共演。船越は松居の前夫との間に生まれた長男を育て社会人として送り出し、南は前夫でミュージシャンで作家の辻仁成との間に誕生した長男がいるだけに、子育てトークで盛り上がった。

 松居とは“敵対”しているが、松居の息子との深いきずなをうかがわせた。

※写真・ホリプロオフィシャルサイトより