バンダイナムコエンターテインメントが7月14日に新宿にオープンする国内最大級のVR施設「VR ZONE SHINJUKU」。

そこで楽しめるVRアクティビティ『マリオカート アーケードグランプリVR』のレビューをお届けします。

『マリオカート』が大好きな僕ですが、普段やっているのは操作をコントローラーに置き換えた指先勝負。しかしVR版はドライブテクニックが重要ですよ!

マリオやルイージ目線でレースできるのは非常にスリリングでした。普段は何気なくスルーしている敵キャラもVRでは恐怖を感じるほど・・・。

マリオカートが好きな方はもちろん、VRの進化をわかりやすく感じられるゲームだったので、『VR ZONE』に訪れた方には絶対体験してもらいたいです!

マリオカート VRに挑戦!

『マリオカート アーケードグランプリVR』は、カート型のマシンに乗ってハンドルで操作します。

僕が今までの人生で体験してきたVRゴーグルのみのタイプと違うので、“ぽさ”が別次元でした。

ハンドルを握ったり、アクセルを踏んだり、全身で体験できると臨場感が違います。


スタートです!

今まで僕が体験してきたマリオカートと明確に違うのは、この低い視線。

一緒に走ってる感が違います。従来までの『マリカー』とはもはや別物。


横を振り向けば、一緒に走るキャラが。

360度見渡して走れるので、没入感がすごい!!!これぞVRって感じ!!!


アイテムを見つけたら手でキャッチ!


アイテムを持っている間は、当然ながら片手運転になるので、ハンドルさばきの難易度が上がります。

車体がガタガタ揺れすぎて、こんな表情にもなりますわ・・・(笑)。

アイテムを投げる時も、投げつけるアクションが必要です!ボタン一つで飛ばせるゲームとは違いますね。


えいっ!!!

前を走る、一緒にプレイしたはっせい(見た目はマリオ)に向けて甲羅を投げます。


よっしゃ当てた!

はっせい「クッソ!めっちゃ揺れる(笑)」


今までのマリオカートで何気なく避けていた敵キャラも、VR版ではど迫力でした。

ドッスンの下を通るのが本当に怖かったです(笑)。


パックンのサイズ感!!!

普段ならギリギリを詰めて走るのですが、VR版では近づきたくない!


いかがでしたか?

素人の僕から見ても、VRの進化を肌で感じられる鳥肌体験でした。

気になった方は、ぜひVR ZONEに足を運んでみてください!

予約が必要なので、公式サイトや下記の情報のチェックをお忘れなく。

VR ZONE SHINJUKUレビュー&インタビュー

コヤ所長にインタビュー。VR初心者や乗り物酔いをする人にもおすすめのアクティビティは?かめはめ波や気弾で4人バトル! ベジータやクリリンに弟子入り体験使徒殲滅体験『エヴァVR』はLCL注水もリアル。気分は「逃げちゃダメだ」ホラーより怖い、恐竜に食べられちゃう体験。死にゲーだけど初見クリアも可能魚が暴れるビチビチ感に驚愕。これが、新時代の釣りゲーだ!!7mってビル何階分? クライミングと滝の垂直落下を初体験!空飛ぶ自転車に乗ってみた! 仮想と現実の壁がなくなる超体験!

▼VR ZONE SHINJUKUについて
・施設面積:1,100坪(約3,500m2)
・住所:東京都新宿区歌舞伎町1-29-1(JR新宿駅東口 徒歩7分/西武新宿駅 徒歩2分)
・料金:入場料800円、こども(6〜12歳)500円、5歳以下無料、1day4チケットセット 4,400円
 ※VRアクティビティの対象年齢は13歳以上です。
・利用方法:予約優先制
 ※予約方法は公式サイトやオフィシャル電子チケットアプリ『VR ZONEアプリ』をご確認ください。
・営業開始日:2017年7月14日(金)
・営業時間:10:00〜22:00 ※最終入場時間21:00
・営業日:年中無休
・運営委託:株式会社ナムコ

関連リンク

VR ZONE SHINJUKU 公式サイト