お腹に新しい命が宿った瞬間から、その子は既に家族の一員。

というわけで、妊娠中の姿を記念に残す「マタニティフォト」が人気である。

注目のマタニティフォト

SNSで公開している人もいるので、目にする機会も多いのでは?

例えばこの様なものや、

こんな感じのものなど、

妊婦が大きなお腹でポーズを決めている写真である。

うちの犬が妊娠した!

さて、妊娠が一大イベントであるのはワンコも同じ。

ましてや愛犬の妊娠とあらば、「この貴重な瞬間を記念に残しておきたい!」と思うのが飼い主だろう。

米フロリダ州ウィンターヘイブンに住むダクアン・コリンズさんもそんな1人。

愛犬のマタニティフォト

そこで彼は愛犬と一緒にマタニティフォトの撮影に臨んだ。

カメラ目線のダクアンさんと一緒に寝転んでいるのが、彼が飼っているワンコである。

お腹が大きく膨らんでおり、妊娠中であることがわかる。

その大きなお腹もバッチリカメラにおさめた。

Da’quan Collins/Facebook

パパ役を見事にこなす飼い主

マタニティフォトとは、生まれてくる子どもとの初めての家族写真である。

そのため妊婦だけではなく、パパも撮影に参加するケースが多い。

妻のお腹を包み込むように、優しく手を添えるパパの姿は、マタニティフォトの定番と言えるだろう。

ダクアンさん達も例外ではない。

愛犬のお腹に手を添え、優しいまなざしを向けるパパ(飼い主)。

Da’quan Collins/Facebook

もう一つの定番が、お腹の上でママやパパが手で「ハート」を作るポーズだ。

こちらもバッチリ!

Da’quan Collins/Facebook

3万人以上が「いいね!」など

ダクアンさんは、これらの写真を自身のFacebookで公開した。

「愛犬が妊娠したので、マタニティフォトを撮ったよ」と報告している。

同投稿には3万2000人が「いいね!」などし、シェア数も9万4000件を超え話題に。

複数の海外メディアでも取り上げられ、「赤ちゃんが生まれたら教えてね」「ウケる」「この発想はなかった(笑)」「よく考え付きましたね」など、人々の笑いを誘っている。