香取の場合は、SMAPで唯一“欽ちゃんファミリー”と言っていい存在だ。
 「香取は少年時代、欽ちゃんの番組によく見学に行っていたのがきっかけで、17歳の時に『よ! 大将みっけ』(フジテレビ系)に声を掛けられ出演している。番組自体は半年で終了しましたが、その後、香取はバラエティーで活躍するようになりましたからね。以前、香取が出演する番組内で、欽ちゃんが彼に手紙を送るという企画があったのですが、あれは香取のたっての希望だったそうです」(同)

 そんなことから、『仮装大賞』での共演は、“香取が一緒に番組をやりたがっていると聞いた萩本が呼んだ”と言われているが、一説には、萩本の知名度が若者には低いため、そこを補う意味で香取を起用したという話もある。さらに香取の出演にあたっては、ジャニーズ事務所サイド、特に、香取が“芸能界の母”とする元チーフマネージャーの飯島三智氏が熱心に取り組んでいたという。
 「去年はジャニーズを解雇されたため来ませんでしたが、それまで飯島氏は必ず収録現場に顔を出していましたよ」(前出・番組関係者)

 ところが、香取が9月にジャニーズ事務所との契約が切れ、草なぎと稲垣吾郎とともに退所することが決定。同時に、『仮装大賞』にも暗雲が立ち込めているという。
 「『仮装大賞』は毎年6月の段階で企画が持ち上がってくるのですが、番組の総責任者にも日テレの上層部から連絡がない。おそらくジャニーズ事務所は、香取に代わる自社のタレントを入れようとしてくるでしょう。日テレはその動きを見ているんですよ」(事情を知る番組関係者)

 日テレとしては、ジャニーズ事務所のTOKIOが出演する『ザ!鉄腕!DASH!!』が高視聴率のため、『仮装大賞』でもジャニタレ起用の申し入れをそう簡単には断れない。
 「もともと香取の起用は、欽ちゃんが将来的に『仮装大賞』を譲るという青写真を描いていたからこそ、実現したものと言われている。それがもう無理となると、欽ちゃんのモチベーションはゼロになる。欽ちゃんが“や〜めた”と言えば、番組は終わり。もし続けるとすれば香取の出演続行が必須ですが、そうなると今度は、ジャニーズが認めないでしょう」(前出・元番組スタッフ)

 日本テレビ広報担当に『仮装大賞』終了について事実確認の回答を求めたところ、以下の返答があった。
 「ご指摘の番組は特番です。特番に関しましては、その都度編成しておりますので現時点でお答えすることはありませんが、出場者の募集はしております」

 果たして、38年の歴史に幕を閉じることになるのだろうか。