アン・シネ【写真:Getty Images】

写真拡大

サマンサタバサ・レディース初日、出入りの激しいゴルフに…

 女子ゴルフツアーの「サマンサタバサ・レディース」(茨城・イーグルポイントGC)が14日に開幕。日本ツアー5戦目となったアン・シネは「74」の2オーバー発進となった。後半に怒涛の3連続バーディーを奪うも、2ダブルボギーが響いた。

 1番パー4でいきなりボギー。苦しいスタートを切ると、4番パー4ではダブルボギーを叩いた、前半は「39」で3オーバー。しかし、後半に入って巻き返した。15番パー5でこの日初バーディーを奪うと、16番パー3、17番パー4で3連続バーディー。ところが、最終18番パー4で痛恨のダブルボギーを叩いた。

 初日は3バーディー、1ボギー、2ダブルボギーと出入りの激しいゴルフとなってしまった。

 アン・シネは前週のニッポンハム・レディースで日本ツアー4戦目にして自己最高の13位。練習ラウンドでは代名詞の膝上30センチの超ミニスカで練習動画を公開し、相変わらずのセクシーぶりを見せつけていたが、初上陸の函館で持ち前のセクシーなウェアだけでなく、プレーでも魅了していた。

 果たして、2週連続参戦となった茨城で初のトップ10入り、さらなる躍進なるか。2日目以降のプレーに注目が集まる。