本当に太っ腹!マツコ、マネージャーに11万のスーツを購入

写真拡大

マツコ・デラックスが、毎回あてもなく気ままに夜の街を徘徊し、そこで出会った人々と交流をする『夜の巷を徘徊する』(テレビ朝日系列24:15〜 ※一部地域で異なる)。7月13日の放送では、前回に引き続き、銀座を徘徊。今回は、個性派の店舗がひしめく商業ビル「銀座ファイブ」を訪れ、誕生日を迎えたというマネージャーにスーツを仕立ててあげるという一幕があり、ネット上でも「本当に太っ腹!」と話題に。

「銀座ファイブ」で気になる店を物色していると、若者向けのオーダースーツ専門店を発見。最近誕生日を迎え、30代に突入したマネージャーの“中川さん”ためにスーツをオーダーメイドすることに……。少しお腹が出てきたという“中川さん”でも似合うスーツをと店員に相談。生地もこだわって選び、全て仕立ててもらうと総額11万3千400円になると……。値段を聞いたマツコは、「やめます! 11万のスーツをこいつ(中川さん)に着させるの? あんまり着るなよ。すぐに破くんだもん」と言いながらも購入していた。そんなマツコに対し、「マネにスーツ仕立てるとかほんとマツコかっこいいな」「本当に太っ腹」「中川さんを大事にしている」「素敵」といったコメントがあがっていた。

その後、世界各国の希少なコインを販売しているお店へ。江戸時代に発行された大判・小判の輝きに目を奪われ、「マニアの人の気持ちがちょっとわかった」とコインに深い関心を寄せていた。